タイでの出来事





タイでの出来事

タイでの出来事

 

 2009413日、日本時間で、タイで非常事態宣言がなされました。

 ちょっと前にアセアン会議ということで、麻生総理が向かいましたが、会場はデモ隊に占拠されて、会議は中止になり総理はとんぼ返りするということがありました。

 マスコミによれば、今回のデモ・暴動に汚職の疑いで逮捕されるのを嫌って国外にいたもと首相が関係しているそうです。

 タイの現政権が安定し、自分の返り咲きの可能性が薄れたということで今回のデモを先導しているということです。

 

ただし、占星術の立場は事実を観るのであって、真偽を見るのではありません。

マスコミの見解が正しいかどうかは解らないので、キチリと観ない訳です。

 

星図を見ると、星図の下のほうに星が集まっていて、タイの国内問題がタイ政府にとっても重大になると考えられます。

さて、第1室に冥王星がありますから、新しい局面の開始もしくはおしまいかもしれません。

3室に木星・海王星・火星・が入っています。

木星はこの場合は問題なしですが、海王星は、計画犯罪やテロを示し、火星は交通事故などを示しますから、デモというより、仕組まれた企てにより交通・通信が悪くなります。

次に4室をみると、天王星・水星・新月・金星がはいっています。

天王星は異常とも考えられる突発事故や、自然災害を示しています。

 タイの気候・自然・風土については無知なのでわかりませんが時期があえば台風・サイクロンなどの災害も考えられます。

10室の土星は現政権の首相、もしくは前首相、国王などを示しますが、火星が今期内に180度の角度をとり、障害・失脚の可能性もあります。

なを、冥王星と太陽の90度は暴力事件とか、支配力の強化を表すと考えます。

どうなるか、様子を見ましょう。

なを、タイに旅行に行かれる方は注意してください。





トップへ
トップへ
戻る
戻る



Copyright(C)2004-2017 SAC. All rights Reserved.