平成27年 ついている人 いない人



平成25年 ついている人 いない人

 

今年(2015年)は乙未三碧木星の年です。

 

【晦気流年】

    庚午

 

【伏吟】

    乙未

 

【天戦地沖】

    己丑

    辛丑

 

【天比地沖】

    乙丑

 

四柱推命の生まれ日が以上の人は気をつけてください。なを、自分ばかりでなく、配偶者、家族、同居人、お持ちの方は、妾・浮気相手も調べてみてください。仮に、周りの人が全て良くない場合は、厄払いをした方が良いと考えます。

 

次のかたがたは、多少、運勢が良くないかたがたですが、ちょっと注意すればよいと考えます。ただし、周りの人がすべて、悪い場合は、今年悪いことがあったときは、頼りにならないと心得て、自力で解決することを考えてください。

 

【空亡】

    甲申

    乙酉

    丙戌

    丁亥

    戊子

    己丑

    庚寅

    辛卯

    壬辰

    癸巳

 

【天命殺】

七赤金星

八白土星

    

生まれ年で簡単に見る気学のやり方は便利ですので、すこし見ていただいて、気になる方は、くわしく流年鑑定をされると良いと思います。同じ本命星でも、年齢により違いますから、注意が必用です。

※本命星の出し方は、生まれ年を西暦に直し、11から引くとでてきます。

※例19531+9+5+318 1+89 11-92

※例19911+9+9+120 2+02 11-29

※ただし、1月うまれ、2月3日までの生まれの人は、前の年に生まれたとします。

 

1          一白水星

2          二黒土星

3          三碧木星

4          四緑木星

5          五黄土星

6          六白金星

7          七赤金星

8          八白土星

9          九紫火星

 

【一番ついてない星】

                      八白土星

【次についてない星】

七赤金星

【注意すべき星】

                      一白水星

                     六白金星

【微妙な星】

                      九紫火星

                      三碧木星

                      五黄土星

【少しついている星】

                      二黒土星

【ついている星】

                      四緑木星

 昨年は、三十年に1度の「世」の切り替えの年でした。

 色々と変化がありましたが、今年は昨年ほど出ないにしろ時代の切り替えの波が押し寄せます。

 ただし、ちょっと強引な政治手法で変わってしまった処は、歪が残っていて、意外な変動が考えられます。

 

さて、一白水星は、注意の年です。運気は上がってきては居ますが、色々と厄介なことが有ったり、環境が整わなかったりで、計画は立案で止まってしまいがちです。

急な事故、変動もあって、無理に仕事を開始するとかなりきついことになります。

途中で撤退することも考えて、出口戦略はしっかり立てていることが大事です。

来年は運気的には良くなる人もいますが、今年でないと利益が薄くなるというので思案のしどころです。

 

 二黒土星の人は、久しぶりに順運がやってきました。普通に伸びていく時ですから、決して無理をせずに冒険もせず、手堅く計画を立てて、常識に従っていても結果は良くなる時です。

 年の初めのころは、つまらない雑用が残っていると思いますが、うまくこなしながら、今年のツキを育ててください。

気を付けることは、調子に乗らないことです。

年越えの仕事を抱えすぎていると来年は大変忙しくなります。

 

 三碧木星の人で、昨年に波に乗った人は大変忙しくなると思います。

若い人では、運気が急速に上がって、いわゆる「開運」という人もたくさん出てきそうです。

 ただし、忙しくなりすぎると、事故が起きたり、病気になったりしますから、スケジュールのみならず、健康にも気を使ってください。

 今まで、雌伏していた人は、抑えること、コントロールできない時期があるでしょう。

 ある程度は、これからの人生の器を大きくするためなので致し方ないわけですが、体は限界を超えると途端に運が落ちますから、留意してください。

 

四緑木星の人は、昨年のように忙しくはないと思います。

 しかし、四緑木星は、今年の中では一番ツキがあります。

 昨年までの色々な人間関係やコネを活かして、安定を目指してください。

 ただし、忙しすぎて、体調を崩した人は、しばらく休んで、ムリしないで頑張れる程度にしてください。

 

五黄土星土星の人は、昨年のツキがあるときと比べると、落ちてきたというぐらいで、悪くなったわけではありません。

 ただし、ツキがあるときとのように、物事が簡単に進むということはありませんから、注意が必要です。

 ちょっと前からのことを反省してみて、何がラッキーだったかを考えて、足らなくなってしまった所を補えるか考えてみてください。

 

六白金星の人は、普通に考えても変化の時期です。注意するのは突発的な事件が起きて、変化が急激になることですから、無理をせず、日ごろから体調にも注意して、健康に気を使っておいてください。

 いざという時に如何するかという事と、最低の準備が出来ていると歯止めがかかっていますから、切り替え氏が出来ます。

 来年からは、試練のときがやってきますから、色々と準備をしておいてください。

 

七赤金星の人は、今年から試練の歳になっています。いろいろと変化がありますし、頼りにしていた人が離れていったり、自分自身も転勤とか、移転があるかもしれません。

 でも、そういう事があったほうが、厄払いになって運は戻ってきます。

 また、体調が悪くて入院したり、することがあっても、同じく厄払いですから、まだ、大丈夫ということです。

 ハッキリしないで、半ツキの状態で引きずるのはよくありません。

 また、高いところから落ちやすいし、落下物に当たらないように気をつけましょう。

 

八白土星の人は、いちばんツキの無いときになっています。

 無理に何かをしようとすれば、失敗します。

 自然に任せて、成り行きに任せなくてはいけない歳になっています。

 病気の人は充分に養生してください。

 あまりにツキが無いのは、行動のときではなく静止の時だからです。

 それを思って、運を蓄える事を考えて、静に時を送ってください。

 準備をしながら、時が過ぎるのを待てば、明日はやってきます。

 

九紫火星の人は、昨年のツキがないときにいかに過ごしたかが問題になります。

 無理をした人は、気の毒ですが、今しばらく休みが必要です。

 無理しないで不貞寝をしていたとか、休むことが出来た人は、タイミングをはかって、新規蒔き直しの時期が来ました。

 まったく新しいことをやるのも良いかもしれません。

 自分の運ではなく、物事の流れ、時期がありますから、好い流れを掴んで、悪い処から、速く脱出するという手もあります。

 でも、自信が無かったら、無理をせずにもう少しツキが戻って、体力・気力が戻ってから、動いてください。

 一番悪いときが過ぎてしまえば、次は条件の良いときに頑張るわけですが、その時期を見逃さないことです。

 

 







トップへ
トップへ
戻る
戻る



Copyright(C)2004-2017 SAC. All rights Reserved.