惑星の話


惑星の話

西洋占星術は、東洋の占術と比べて非常に秘伝が少ないと思います。
秘伝を作るよりも、研究する範囲が非常に広く、的を絞り込むというより、新しい研究対象に向かっていくという感じで、
研究者は、次から次へと新しい研究に向かうので、基礎部分が終了したならば、それぞれ、自分の興味がある方向で
研究を始めたりします。

現実の問題として、基礎部分が終了した研究者に金銭的な問題が起こります。
どんな研究でも、研究にはお金がかかりますし、研究者自身もかすみを食べて生きるという芸当はできません。
ある程度の実力がつけば、店を開くということも可能ですが、店を開いて客から見料をとって、生きていく才能と研究す
る才能は少々違っていて、なかなか大変なのは、占星術師も一般の方々も同様です。

そこで、当初の四方山話は、誰にでもわかるような簡単な話からしたいと思います。
ホロスコープを作って、今の運勢を見て、それがあまりついていないときでも、待っていれば、運勢は上がってきます。
でも、あんまり長い間、待っていなければいけないと言うのはつらいものです。
そこで、どうすればいいか。
目的なしに、運を開く方法は、色々ありますが、まず、性格や精神が悪い場合、弱い場合はそれを矯正する事です。
その次に、頭をよくするとか、情報を多く持つとかがあります。
そして、惑星を使って才能を磨くことです。
吉の星というと金星や木星です。
巡ってくる、星回りで金星や木星が良い位置にある場合は、間違いなくラッキーや有利な運勢ですから、星の事象の表
す方向で行動すべきです。
残念ながら、金星も木星も不利な状態にあるときは、あまり目立った行動は良くないでしょう。
でも、普通悪い星といわれている当世や火星でも、その特性を知ればうまく才能を伸ばすことができます。
ホロスコープは、全部で12室ありますから、どこかの室は有利になると考えます。
上手に生きていく方法考えましょう。



トップへ
トップへ
戻る
戻る



Copyright(C)2004-2017 SAC. All rights Reserved.