2016年8月3日〜2016年8月31日


※この画像はStargazerで作成したチャート図です。

月のマンディーン

8月のマンディーン

8/38/31

 今月は九星気学では、五黄土星の災厄月になっております。

 地震をはじめ、台風・大水・暑さ、その他に巻き込まれないようにご注意ください。

 夏休みですが、リオはあまり安全でないようだし、世界に不安が渦巻いてます。

 いつもの年より、ちょっとだけ用心深くして、遊んでください。

 

1室(国民・方向)金星・水星

              女性労働・水商売

              このマンディーンが掲載される時点では都知事選は行われて

いませんが、女性が注目されるという事で小池百合子氏の

可能性があります。

2室(予算・歳入)木星

              財政改善

              日銀も政策を打ったり、企業のニュースが期待されます。

3室(通信・交通)

4室(国土・農業)火星・土星

              事故・火災・地震・作物不振・地価下落

              地震が起こる可能性があります。特に注意してください。

              発砲事件が起きやすい。

              作物不振や台風による問題は他国でもあって、その影響で食物の

価格の上昇があるかもしれません。

地価下落の可能性があります。

5室(教育・市場)冥王星

              俳優不幸

              リオでオリンピックが開催されますが、いろいろと問題が予想され、

選手の中でも被害にあう人もありそうです。

6室(雇用・サービス)

7室(同盟国・条約)海王星

              外国の裏切り

              特にキリスト教の国かユーロ圏で期待を裏切る事件がありそうです。

              イギリス以外の国でのユーロ離脱やギリシャなどでの

経済問題の可能性があります。

8室(死亡・同盟国の国庫)

9室(外国・宗教・法律)天王星

              船舶破壊・トラブル

              イスラム国のテロは続きます。

10室(首相・国家元首・政治)

11室(議会)           

12室(犯罪・障害)新月

              労働改善・犯罪増加

              派手な盗難事件が起きやすい。

              一部の職業の待遇が改善されるかもしれません。

------------------------------------------------------------------------------------

先月の反省

 

1室(国民・方向)海王星

              社会主義

              汚職や献金問題から、色々と組織の問題が発覚する可能性があります。

    選挙は自民・公明連合の勝に終わりましたが、与党側も内部の問題を含み、野党は益々弱体化しています。

    社会主義ではなく国家主義という言葉に置き換えられそうな詭弁があるかもしれません。

    はずれとします。

2室(予算・歳入)

3室(通信・交通)天王星

              爆発事故・異常事態

              時期的に雨の被害に注意です。

北朝鮮や中国の動きから、過剰な問題の提起があるかもしれません。

    北朝鮮は、時々、ミサイルを打ったりしています。

    豪雨被害はありました。

    世界でも話題になっているスマホを使った「ポケモンG」が日本でも配信され、問題を起こし始めました。

    あたりとします。

4室(国土・農業)

5室(教育・市場)

6室(雇用・サービス)水星・新月・金星

              神経質・デマ・労働争議・生活改善・悪癖

              選挙の時期ですから流言飛語はあります。

              時期的に健康を損なう話が多くなります。注意しましょう。

              家畜や植物にも注意。

    参議院選挙と東京都知事選が重なり、論点がぶれるという問題がありました。

    18歳に選挙資格が引き下げられましたが、現役高校生の投票率は高く、社会人に近づくほど選挙の関心が薄れるという傾向を示しました。

    リオ・オリンピックを前にして、現地の状況に心配があります。

    あたりとします。

7室(同盟国・条約)

8室(死亡・同盟国の国庫)木星

              英国のEU離脱の影響で、経済損失を被る人がいます。

    浅田飴の宣伝にも出ていた永六輔氏が帰星しました。

    タレント(才能)という言葉を有名にした大橋巨泉氏が帰星しました。

    はずれとします。

9室(外国・宗教・法律)

10室(首相・国家元首・政治)火星・土星

              戦争・内戦・クーデター・スキャンダル・失敗・不幸

              政府与党・各世界の主導者にとって反対意見が高まります。

              選挙は体制側に不利に働くと考えます。

    バングラディシュで、日本人を狙ったイスラム国のテロがありました。

    フランス革命記念日にトラックで群衆に突っ込んで60人を轢死するというテロがありました。

    南スーダンは不安定になり、日本人は脱出しています。

    南シナ海の主権をめぐって、中国は国際裁判所の判定に不服を唱え、完全に無視したり、他の協議でも圧力をかけるなど後々の問題を残しました。

    ロシアの国ぐるみのドーピングに対して、全選手の出場停止が妥当とされる中、結局、競技機関に一任という国際オリンピック連盟の責任回避が非難されました。

    あたりとします。

11室(議会)           

12室(犯罪・障害)冥王星

              凶悪犯罪増加

              政治や官僚を巻き込む犯罪が考えられます。

    養護施設に元職員の男性が入り込み19人を殺害し25人に重軽傷を負わせるという事件がありました。

    あたりとします。

 

 私たちは、日頃、なんとなく流されているように感じます。

 先々月だか、英国の国民投票で英国のEU離脱があって、なんとなく投票に行かないと、国の方向が自分の意志とは関係なく決められてしまうという事を認識しました。

 日本でも参議院選が行われて、自民党の単独過半数もあって、憲法改正はいずれ行われると推測します。

 他国のテロや中国やロシアの横暴を感じて憤慨している間に日本は大きく変わってしまうでしょう。

 選挙に無関心だった若い人が、危機感を感じてくれた事を興味深く思い喜びました。

 





トップへ
トップへ
戻る
戻る


Copyright(C)2004-2017 SAC. All rights Reserved.