転ばぬ先


転ばぬ先に

相場についてのリクエストが多かったのでのお話です。
人は弱いもので、物事がうまくいくようだったならばやってみて、とてもだめそうだったならばチャレンジなんかしないも
のです。
最初から結果が分かっていたら、やってみるかやめてみるかの判断ができます。
でも、運命はそんなに甘いものではなくて、やるかやらないかという道が残っているのは、もっとも楽な選択なんです。
やっても、やらなくてもどちらでもいいようなものなんです。

何をやるにしても、体調を含めて、調子がいいことが大事です。
仕事にしても、相場にしても、遊びにしても、体調が悪ければ、できることと出来ないことがあります。
少々無理をしても、仕事をこなしてしまうのは、長い間同じことをやっていてあまり負担がかからないからでしょう。
でも、乾坤一擲の仕事には、体調もカンも精神力も充実していることが望ましいものです。
そこで、色々と健康法もあるわけですが、自分の調子がいいか悪いか分かっていないと困るものです。
微妙なもので、ほんのちょっとのことで調子はよくなったり悪くなったりするものです。
精神力などという大それたものではありません。簡単なこと、気分的なことぐらいの小さなことかもしれませんが、毎日
毎回ということになるとだいぶ話が違ってきます。
手首の脈と首の脈を測ってみて、微妙にずれる感覚があったならば、その日は気をつけなければいけません。
大事な時、重要な時は色々と調子を見たりするものですが、普段の時もそんなことはやるでしょうか。
毎日、普通にやることで、調子をはかることが好ましいです。
顔を洗ったり、歯を磨いたりしたときに、調子がいいか悪いかがわかるといんですが、鏡を見たときに相学でいろんなこ
とが分かるというのには、時間がかかると思います。
うたを歌って、声の調子を見て体調をはかることもできますが、これもなかなか熟練がいるものです。
オススメは、ゲームなんかをやることです。
パソコンをやっている人は、ソリティアとかピンボールとかのゲームが添付されてるのではないでしょうか。
1ゲームに時間がかからない方が好ましいわけですが、ある程度、判断力が必要なゲームをやって、自分で、調子を
みるのです。
だいたい、毎日ぐらいゲームをやってみて、調子が悪いときは注意が必要と考えて、勝負するもんでしょう。
車の運転にしろ、最初にちょっと運転してみて、注意が散漫になっている日は、いつもよりも速度を落とし気味にして安
全に留意することが必要です。




トップへ
トップへ
戻る
戻る



Copyright(C)2004-2017 SAC. All rights Reserved.