新しい方位学


新しい方位学

方位学というと、気学や奇門遁甲が有名ですが、よく知られているのは、移動したときの影響です。
移動の方向によい星があると、よい影響をうけて、運がよくなるという考えです。
奇門遁甲にいたっては、欲望の種類が分けられていて、お金とか、恋愛とか、仕事、名声など、ただ運がよくなるという
より、願望達成のため有利な方位を選ぶという考えになっています。

西洋占星術の惑星の位置を見て、移転する方法もありますが、今回は別の考え方に基づいています。
運命はかなり決まっていて、変えようがありません。
 あなたにラッキーな運命があっても、あなたにラッキーをもたらしてくれる場所(地域)も決まっています。
 したがって、先天的に良いホロスコープを持っていても、星図の表すよい星があなたの頭上に来ない限り、ラッキーは
やってきません。
 ですから、星図の示すラッキーな星が頭上にある場所に出かけていって、ラッキーな時期を過ごすことによって、運は
開かれると考えます。

 まず、Stargazerでホロスコープを作って、自分の運命にラッキーな星を選び出します。
 次に、Stargazerでマップを作ってみて、その星が世界のどこにあるかを探し出し、そこに移動するわけです。
 また、自分がどのような世界で活躍できるか考えてみることです。
 ひとつは、現実に何が好きで、何ができるかです。
 そして、自分のホロスコープを比べてみて、現実にあっているかどうかを考えてみることです。
 ホロスコープの運命と自分の希望した運命が同じで、順調ならばそれでよいのですが、違っている場合は、ホロスコ
ープの生まれた場所をずらしていって、必要な星図に作り変えてみるべきです。
 そして、希望がかなう場所(部分的な希望でも)に移り住んでみることです。
 この方法は、人間が文字どおり世界を簡単に移動することが出来るようになってからの開運の方法です。
 したがって、現在、実例が集められているところです。

 参考文献 パワーゾーン 真弓 香著 VOICE出版




トップへ
トップへ
戻る
戻る



Copyright(C)2004-2017 SAC. All rights Reserved.