アストロエコノミクスと問題点


アストロエコノミクスと問題点

 次の文章は、数年前、とある投資研究所のホームページ開設記念に寄稿したものです。
 多少、筆を加えたりもしていますが、だいたい同じです。
 めまぐるしく変わる証券投資・投機の基礎部分です。
 まだまだ、別の方法もあるのですが、初めの第一歩がなければ、二歩目が出てきません。
 では、

 占星術を使っての投機・投資は有効です。
 投資・投機に確立した必勝の方法がない限り、占星術に限らず、いくつもの占術が
参考として使われています。
 数多くのやり方の説明と、実験結果はなかなか面白いのですが、興味の薄い方には長く感じられますので、星と関係
がある方法を申し上げます。

 マンディーンによる未来予測の方法の中で、とりわけ的中率の高い方法は、冥王星の位置による投資法です。
 冥王星は、星座を12年から20年間で、移りますが、その間にある変化は、短くは感じられなくとも、数年もすればわ
かります。
 世の中の変化の予測で、業績が上がり、利益をだす業種を割り出すのは、センスの問題です。
 現在は、冥王星は射手座にありますから、それに適合した動きがでてきますし、逆行した動きには、それに反対する
力が加わることになります。
 射手座は、多彩、多重、多様の質があり、多くのものが繋がり、離れているようでもどこかでつながっているなど、面
白いところがあります。
 外国、法律、宗教など、少々日常で使わない学問などを示し、国際性も示します。
 貿易、交易、船による取引、長距離の旅行などもキーワードです。
 現在もう表れている業種もありますが、これらを考えて、約20年の読みを立てるわけです。
ところが、時代も進んで、現在はディトレーダーと呼ばれる人たちも現れてもっと短い間の読みが嘱望されています。
 アストロエコノミクスというのは、エリーズ大沢さんの著作です。
 エリーズ大沢さんは、今では、昔はミニスカートをはいた可愛い娘さんでしたが、今はなくなったアストロジー・ナオにも
紹介されたすばらしい占星術師です。
 吉星が星座にあれば、星座の示す業種に良い影響を与えたり、人気や関心が出たりするという考え方を持っていま
す。
 業績重視の投資の仕方は、投資の基本ですが、星を使う方法は、人気を重要視します。
 業績の拡大で、株は上がることも有れば下がることもあるし、一筋縄でいかないわけですから、読みや、情報どうりの
結果が出ても、材料視されずに困った投資家もいたことでしょう。
 吉星といえば、金星と木星ですが、金星は一月も同じ星座に留まることは稀で、木星は約一年です。
 凶星といえば、火星と土星になります。
 火星は、2年半ぐらいで、12星座を回り、土星はひとつの星座を3年ぐらいで移ります。
 したがって、土星には注意が必要です。
 タイミングをはずして、土星の周期に取り込まれれば、塩漬けは必至になります。
さて、どの星座がどの業種になるのか、ここがポイントです。

牡羊座 戦いの星、火星の支配するとこですから、戦争に関係します。
 鉄鋼・重工・建設を主にしますが、冒険的なものも含まれます。
 科学は入っていませんが、火薬や、軍事衛星なども含まれるとかんがえます。
 なお、牡羊座に木星があるときに、かなりのベンチャー企業が上場され
ましたから、新規で力があふれているものも含まれるかもしれません。

牡牛座 金融と咽喉、美声、などを支配する金星を支配星とします。
 食品・銀行・証券・繊維をその業種にしますが、エリーズ大沢が本を書いた
ときには存在しなかった銘柄もあります。
 ダイアモンドの研磨の銘柄や、歯を治す機械や薬品も含まれると思われます。
 また、飲み物も含まれると思われます。

双子座 通信と小旅行、知恵・才能を表す水星を支配星に持ちます。
 自動車・鉄道・道路・海運・放送・出版・通信・旅行を業種にします。
 現代では、データバンクや、知的所有権に関係するものや、宅配便
 郵便などもでてきます。
 しかし、移動は関係しますが、貿易という意味ではなく、旅行は関係しますが
 大旅行ではありません。
 現実には、海外旅行も関係しますから、今のとこは旅行すべてをさすと
考えます。
将来、宇宙旅行は含まれないと思います。

蟹座 蟹座は変化が大きい月を支配星に持ちます。
 業種としては、食品・不動産・家電・サービスになっておりますが、
 家電の中にパソコンやデジカメを入れるかどうかでだいぶ違いがあります。
 また、サービスといっても範囲がひろいので注意すべきです。
 食品は、お菓子や、飴、アイスクリームのように舐めてなくなるものでなく、
 胃で消化されるものになります。
 この他にも、農林業なども含まれると考えられます。
 未定でこれから観察が必要なのが、バイオテクノジーによる植物の育成です。

獅子座 支配星は太陽系の中心太陽です。したがって、他の惑星よりもはっきり
表れることが多いと思います。
 業種は建設・サービス・ホテルです。
 獅子座のサービスは、比較的思いつきやすいです。
 映画・テレビ・コマーシャル・芸能一般・劇場・興行など
 建設は、建物に限られると思います。
 牡羊座の建設には工場施設等が組み込まれているという感じですが、
 獅子座は派手な目立つものです。

乙女座 支配星は水星で、知識・分析・細かさが関係することです。
 業種は繊維・医療・石油ということになっていますが、細かさということで
 精密とか、顕微鏡など、コンピューターの分析ソフトなども関係するかも
知れません。
医療は、機器を示すものが多いと思いますが、遺伝子解析などはココでよいと思われます。

天秤座 支配星は金星で牡牛座と同じです。
美しいもの、美術品、ファション、バランスを示します。
業種は、デパートや商社ということになっています。
商社の扱う品目は多いので、注意してみる必要があります。
バランスを示すことで注意しなくてはいけないことは、相場が過熱していると
株は暴落し、下がりすぎていると逆に上方に修正するという性質があります。
ブラックマンデーも1987年10月19日で天秤座の時期に起こりました。

蠍座支配星は、改革の星 冥王星です。
金融の牡牛座の丁度うらにあたる蠍座は、表に出にくい経済を暗喩します。
別に闇の経済ではないでしょうが、力が強い何かがあると感じます。
業種は医療・窯業・軍事です。
医療は、バイオーテクノロジーや安楽死なども関係します。
冥王星が蠍座に在った時期は、少し前でしたが、バブルもあるが、
性は乱れるし、過激になるし、人の死に関係する精神の変革も有りました。
日本では、軍事関係の企業はなかなか表で脚光を浴びないというか、
マスコミは表に出さないようにしていますが、関係している大企業は多いで
しょう。
軍事銘柄とか、兵器メーカーといわないだけです。

射手座支配星は、繁栄と拡大の星 木星です。
宗教や思想、新しい知識と契約、商業と商人、未開の土地を探検して、交易をはじめる心、自由な感覚でどこまでもひ
ろがる楽天的な冒険心。
現在、冥王星はここに留まり、日々その力を拡大し、あらゆる分野でその力を示し始めています。
業種としては、通信・商社・電力・化学です。
通信といっても、現在はネット関連が含まれることは、自明です。
多機能、多重性は、射手座の基本的な性能で、インターネットが国内では、
日本語と英語で行われていますが、別の言語が出てきてしかるべしと考えます。

山羊座 支配星は土星です。土星は統制、規律、抑制、規制など、あまり積極的でない性格を現しますが、混とんを治
める働きもあります。
政治が好きな星座で、政治家や政党が関係する資金が動くと考えられますから、
理屈に合わない動きでも、この時期は、それなりの動きがあるということです。
特に業種としては、建設・銀行・鉄道・海運・教育・窯業となっています。
ここでも、金融支配主義の片鱗が見えます。
まだ先の話ですが、冥王星は射手座の次に廻るのはココの星座です。
変化や改革がどの業種にあって、様変わりするのを観てください。

水瓶座 支配星は変わり者の星 天王星です。
個性的な、非常識な動きがあって、なかなか面白いものです。
業種としては、銀行・海運・不動産・商社・電力・倉庫ですが、ハイテクな
 もの全てを含むと考えます。
 また、水瓶座は占星術師の星座ですから、少々トンデル銘柄も示します。
 参考までに、牡牛座は、金融ですが、錬金術師の星座、獅子座は俳優や女優、
興業ですが王様の星座、蠍座は隠れた金権で、医学や密教ですが、
魔法使いの星座と考えています。

 魚座 支配星は溺れる星 海王星です。
隠し事や、秘密の事、麻薬やお酒、犯罪、異端の宗教、犠牲を表します。
出来事的に、汚職や、スキャンダルの公表により、市場が低迷するかも
しれません。
でも、そういうことを利用することも大事な手法です。
さて、業種ですが、サービス業・教育・医療となっていますが、当然ながら
お酒や、飲食、ゲームや、あやしい商品を売っているもののも含まれます。
また、医療やエステに関しても、秘密性が高いほど利益はあると考えます。
探偵や、情報なども含まれるものもあると思われます。


 以上12星座と企業の関係でしたが、市場や相場は、生きて成長を続けています。
 困るのは、次から次へと新しい業種や、新語が登場することです。
 また、星の意味する製品が巷に溢れ出していたとしても、市場に上市してないこともないとはいえません。
 いずれにしろ、一般の市場や相場の知識、計算法、分析法のほかに、このように星を使ったり、九星を使ったり、名
前を使ったり、易を使ったり、別の見方が存在することも知っておいていただければ、数字の羅列ばかりで色気がない
市場でも、なかなかロマンをもって、研究ができるのではないかと愚考いたします。
 皆様の研究が実を結ばれることを祈念いたします。




トップへ
トップへ
戻る
戻る



Copyright(C)2004-2017 SAC. All rights Reserved.