本の紹介

◎関係者や会員からコメントなどを寄せられた本を紹介しています。
掲載を希望される方は、事務局へメールをお願いします。





表紙/タイトル
 コメント
ジーガ・オールドマン氏より画像の提供をいただきました。

山中 剛氏の新しい本です。
 
 出遅れた人、損ばかりしている人に対しての本ですが、丸っきりの初心者のための本ではないようです。
 やってみて失敗したり、まず、実践を始めてしまってからイロイロと不明なことが浮かんできた人用でしょう。
 本書を読んでみて、自分の弱いところを探して、強化しましょう。
 また、少しだけれどツナギのやり方も載っています。
 同じ著者が他の月刊誌で、保険のかけ方や、ツナギ、空売りについても書いています。
 今回は、今までのような方法論ではなく、ちっと本格的にやる前のチェックにいいと思われます。
 技法や錬金術を学びたい人には物足りないと思われます。

(2006/07/01)
ジーガ・オールドマン氏より画像の提供をいただきました。

占い用のソフトを販売している天野雲海さんの本です。
 会社の社長が人事を行うときのアドバイスとしての本で、一般の運命鑑定や、ソフトの解説書ではありません。
 日の干支の読み方にも、独特なやり方があって、素人に向いています。
 よく研究された読者には、生まれた時間不明のときに犯される危険がよく解ると考えます。
 また、ソフトと解説書だけで行う占いには限界が在ることを感じさせてくれます。
 実用を重視し、時間を無視しても、時間ありとの違いがわからない人には有効です。
 また、読者の対象を中小企業の社長に絞った書き方をしているのも面白い工夫です。
 惜しむらくは、読者は若い方の社長さんでしょう。

(2006/04/22)
ジーガ・オールドマン氏より画像の提供をいただきました。

 昔から、ホロスコープで前世を読むという方法はありました。約25年ぐらい前の洋書にも、今回の本のことの一部が載っていましたが、今回のように上手くまとめられたものは初めてでしょう。
 まだまだ不十分なものや、証明ができない分野なので、現実を重んじる方には物足りないとは思います。
 また、実例も少ないのですが、セオリーという形では、何冊もの本をよくまとめたと思います。
 前世のリーディング技術が前進する事を期待しましょう。


(2006/04/13)
ジーガ・オールドマン氏より画像の提供をいただきました。

著者のサイン入りの本まで頂きました。
 
 非常に読みやすい文章なので、サラリと読めます。
 
 女性特有のブルーな話です。男性には理解しがたいことなのですが、月の魔力などという周期的に気分が上がったり、下がったりする人はこんなこともあるのかとご一読ください。
 漢方小説を書いた方です。
 著者の方は、体力的にも健康に自信がないのかもしれませんね。
 別の意味で、体力、気力に不安を感じ始めている方も多いでしょうが、気にかかったら立ち読みぐらいはしてください。
 
(2006/04/13)
ジーガ・オールドマン氏より画像の提供をいただきました。

ギャンという人の相場理論の本です。ギャンという人は、77歳で帰星してしまいましたが、亡くなる時は50億位の遺産を残した事もあり、相場の世界の数少ない成功者と言われています。
結果も面白いのですが、ギャンの理論の根幹に占星術があり、この本でも、最初の方に解説がされています。なお、ギャンは占星術のほかに聖書も利用したことになっています。
聖書となるとなかなか難しいのですが、本書に引用されている部分は「孫子」などに通ずるところもあって、それほど奥深いわけではありません。
名前が面白いギャンですが、他の相場関係の解説書にも登場いたします。
しかし、解説者の多くは、占星術やオカルトの知識が決定的に少ないので、占星術部分を省いていることが多いと考えます。
そのために、ギャンの理解しやすい部分のみを紹介して、お茶を濁すために、ギャンの本当の力を落としめ、占星術の迫力をはぎ取っていると思いました。
簡単なギャンの紹介を載せている他の本で、あまりよく解らなかった方は、立ち読みでもしてみて下さい。
(2005/12/16)
ジーガ・オールドマン氏より画像の提供をいただきました。

昭和15年11月に出版された「フランス敗れたり」の復刻版です。
当時の風雲急を告げるヨーロッパ情勢は、日本の国の未来に大きく影響し、多くの人たちの関心を引きました。
そのため、「フランス敗れたり」は300版を超すベストセラーになりました。
日本の戦後、何十年を記念して、悲惨な太平洋戦争の話はいろいろありましたが、ドイツの電光石火作戦の話は結構知られていません。
当時のフランスの人たちの考え方、第3帝国によるイギリス・フランス同盟の切り離し、武器の不足とフランス人兵士の士気の高さとのギャップ。
現場司令官の警告をもみ消す事勿れ主義。自己の勢力を第一に考える政治家たち。など。
日本の国は、米国と同盟しているから攻められない、とか、どっかの国の軍隊はえらく貧弱で、日本の自衛隊に対抗すべきもないとか、あまり、楽天主義に過ぎると大変なことになりますよ。
(2005/11/09)
ジーガ・オールドマン氏より画像の提供をいただきました。

現代版・錬金術をどのように見るかという本です。
  話題のホリエモン等のことも書かれていますが、一番気になったのが、
  九星による株式投資で一時期有名になった、中山雲水の記事です。
  証券会社の陰謀で、消えていった顛末が書かれています。
  私たちの、株式投資法も流布してはいけないということです。
  秘密にして、大もうけしてから、証券会社に復讐しましょう。
(2005/08/01)
ジーガ・オールドマン氏より画像の提供をいただきました。

朝日新聞の大広告にだまされて、買ってしまった「姓名の暗号」です。
  素晴らしいネーミングです。
  名前のDNAを解明とうたっています。
  内容は、以前に書かれた本とそれほど違いはありません。
  ただ、本文によれば、結婚相手の名前の分類、兄弟のうちの相続相もわかることになっています。
  ただいま、字典を作成して、分類ファイルを作成する予定です。
(2005/06/05)
ジーガ・オールドマン氏より画像の提供をいただきました。

開運の話の中の相性の話のうちの一つの部分です。
一般書に、この相性の見方が公開されました。
もちろん、欠けている部分もありますが、意図的に隠したと考えます。
私の説明では、せいぜい1回の原稿が、1冊の本になっていますから、わかりやすいと思います。
興味がある方は見てみてください。
(2005/04/07)
ジーガ・オールドマン氏より画像の提供をいただきました。

割りに、一般の人には「漢方」というのが、縁が薄いというか、なんとなく別の世界の医療と感じているらしいです。
とくに、若い人には、なんとなく薬でもあるし、怖いと感じるかもしれません。
ワープロで、「やくせき」と入力すると薬石と当て字が出てしまいました。
よく、お葬式のときに聞く、「やくせき」甲斐なく、旅たたれました。の「やくせき」は、鍼灸の意味があった手と思います。
割りにとっつきにくいと思われる漢方に少しでも光をあててくれたと思います。
なかなか、漢方の本も面白いのもあって、中には、西洋医学より科学的で理由まで書いているものもあります。
大阪の大先生は、集中治療室に入っていた人を、無理やり退院させて、神秘的な秘薬で、回復させて、大学病院の先生たちを仰天させました。
今度のときは、奇跡的な話も載せてほしいです。
(2005/03/03)
ジーガ・オールドマン氏より画像の提供をいただきました。

手塚 治が「白いパイロット」を書いていたころ、横山 光輝は「伊賀の影丸」を書いていました。
 両大家も今は帰星してしまいました。
 365日を36タイプの三国志に登場するキャラクターに当てはめて、色々と解説しています。
 レーダーチャートなども書かれていますが、ベースは普通の星占いです。
 君は、諸葛孔明タイプか、裏切りの呂布か
(2005/01/21)
ジーガ・オールドマン氏より画像の提供をいただきました。
素敵なイラストが数多く載った本です。
女性のファッションで、どんな人かを分類したといえましょう。
作者は占術家ではありませんし、分析はともかく、イラストを楽しむことができます。(2005/01/07)
ジーガ・オールドマン氏より画像の提供をいただきました。
一般の本屋には置いていないレア物の本。
(2004/12/30)
ジーガ・オールドマン氏より画像の提供をいただきました。
HPの関係者でもある山中氏が出版しました。
(2004/12/07)





戻る
戻る



Copyright(C)2004-2017 SAC. All rights Reserved.