細木六星占術



お正月や年末のテレビ番組は、スマトラ沖の大津波で10万人を越える犠牲者を出したこともあり、いまいち「おめでた
い」雰囲気に歯止めがかかっていました。
底抜けに楽しい番組を放映するのに差しさわりがあったと考えられます。
「細木数子」の番組はその点でちょうど良かったのではないかと考えます。
連日、あのおばさんがテレビに出ていました。

OBの方から、細木さんの感想を聞かれましたのでお答えします。

最初に占術についてですが、「六星占術」といいます。
六星占術は、四柱推命のように生まれた日の干支を使います。
四柱推命の空亡、算命術の天中殺と同じように大殺界を割り出し、所属の星を決定します。
干支は60種類あって、天干の甲から癸までで区切りを付けると6通りできますから、6種類の星ができ、〜星人と呼ん
でいるわけです。

さて、細木数子は平成12年ごろに宿命大殺界という本を書いていますが、何かと似ていないでしょうか。
この人の宿命大殺界というのは、大天中殺のことなのです。
四柱推命や算命術の大運が空亡に当たる場合です。
大運というのは、生まれ月の干支を繰っていって、ひとつの干支を十年として、未来の運を観察する方法です。
普通の大殺界が3年としているのに、宿命大殺界は20年です。

空亡・天中殺については、算命派の研究は大したものですから、大殺界はかすんでしまいます。
また、運命として、立花・建弱・達成・・・と循環をさせていますが、これは0占という占術から流用したものと考えます。
0占は、天中殺の年を最低としてグラフを書いて、運気の流れを読む占いです。
本格的な運命学を研究した人には物足りなくて、とても使えない占術ですが天中殺から大殺界を引き出し、0占から、
運勢グラフを引き出し組み合わせ名前だけ変えて細木オリジナルを立ち上げたということでしょう。
流石にネタが尽きて、方位(家相)とか墓相の前段階とか色々やっています。
「宿命大殺界」のプロフィールには、万象学とか、算命学を研究したことになっていますが、最初の売り出しのころには
研究もしていなかったように感じます。

算命派や他の占術を取り込んで発展していって成長することがある場合はわかりませんが、当初の六星占術はとても
軽くて使えないものです。

もうひとつ、昔から、あるようなものの名前だけ変えて、新型の占術を作るというのは迷惑なものです。
姓名判断の手法で、名前の姓の部分の画数や、名の部分の画数の呼び名に特許をとって、困らせている恥知らずな
易者もいますが、これだって迷惑です。

さて、次に占術家の力ですが、これははっきりしないところでしょう。
占ってもらいに行かないとわかりません。
なんか、とっても値段が高いとかいう話ですから、簡単にいくわけにもいかないです。
また、看板に六星占術を掲げていても、実は、易や、相学を使っていたり、他のスタッフの助けを借りて、もっとすごい
術で判断していることも考えられます。

経歴によると、年寄りたちの非難は「カフェの女給」から、故安岡正篤氏に取り入った。と辛辣な陰口を聞きます。
でも、人間関係の複雑なところを生き抜いてきた経験は、占術家には勲章なのです。
なを、テレビではとんでもない助言(先祖の供養について)をしていましたが、あの助言を聞いて、細木数子の助言はま
だまだだと感じました。

最近テレビにも出てきたし、若いころからだいぶときも経って少しは成長したかと期待したのですが、専門外のことでも
大家でもあるような口を利いて実力のほどを疑われます。
でも、今後に期待しましょう。

さいごに、裏番組では、もっと若い占い師の集団が色々と悪口を言っていましたが、占いで「人が死ぬ」といって脅して
いたと問題にしていました。
ここについて、細木数子にもある程度スタイル・個性と言うのがあります。
テレビ受けしないような、静かな助言・判断は向きません。

「死」は、タブーですが、教えは「人をみて」であって、視聴者を見てではないのです。
占われる人の為を思っての助言に「死」がでて来ても場合によっては許されるのです。
視聴者が見ていると誤解されるでしょうが、本来、託宣するのは占われる人のみであって、第三者は口を出すべきでは
ないはずです。
それが許されるのは、やはりマスコミだからです。

でも、悪ふざけが過ぎると天中殺の時みたいに自殺する人も出てくるだろうし、細木数子もマスコミに振り回された霊能
者みたいに消えていくようになります。
若い占い師たちには羨む心があって気に入らなかったし、細木数子はオバサンでどうせ見るのだったらもっと若いきれ
いな占い師がいいですね。

でも、若くてきれいで、個性が強くて、いやみが無くて、占術の実力も、本当の占いをやっている人なんかいませんよ。
やっている人がいたら私たちが売り出したいものです。




トップへ
トップへ
戻る
戻る



Copyright(C)2004-2017 SAC. All rights Reserved.