指紋と健康



指紋と健康

 会員の皆様も、いい歳になって健康や病気が気になるようになったようです。
 いくらか健康についての話をしましょう。

 占星術や推命術で観る健康は、生まれついてのことと、ローテーションというか、ある一定の年代になって、調子の悪
くなる傾向です。
 五行理論からみると、五行のバランスが毎年少しづつ違いがあって、時には大きくバランスが崩れて病気になる時期
を予測します。
 また、生まれたときにできたホロスコープから、実際に動いてくる大惑星が悪い位置に運行することによって、健康状
態が損なわれる可能性を探ります。

 でも、そういうやり方で現在の病人を観てはいけません。
 実際に、薬剤師さんで問診も切診もしないで、生年月日だけ聞いて薬を決めてしまった人がいましたから注意が必要
です。
 手と顔をみて、生年月日と合わせてみないといけません。
 今起こっている病気の症状が生年月日から割り出される症状と一致する場合は問題ありませんが、別の場合もある
わけです。
 生年月日から考えられる病気とそれ以外の病気が重なって同時に起こる場合もあるのです。
 意外と簡単なことですが、占術大事主義に固まった先生や薬剤師さんは腕があるだけに起こりえる問題なのです。

 さて、簡単でわかりやすい方法のひとつに指紋の数による免疫の見方があります。
 指紋は、流紋と渦紋に分けます。
 巴形になった開拓紋とか、L字紋、波型になって、渦でも流れでもない指紋をお持ちの方もおられるでしょうが、便宜
的に開拓紋の方は渦、L字や波紋の方は流紋として、両手の指紋の割合を数えてください。

 渦が多いほど免疫が強いと考えます。流れが多いほど免疫が弱いとします。
 渦・流が5対5の人が理想ですが、現実としては、少しだけ免疫が強いほうが便利かもしれません。
 3対7ぐらいまでで渦が多いのまで許せるらしいです。
 これが、渦が8とか9とか、流が8とか9とかはあまり好ましくはありません。
 流が多すぎる人は、虚弱なところがあるとか、腹を壊しやすかったり、疲れやすかったりしますが食べ物や薬によって
調子を保てると考えます。

 これに対して渦の割合が多い場合、免疫が強すぎるという心配があります。
 病原体に対する免疫は強いのですが、自己防衛が過ぎて、自分の免疫で自分自身を害する病気に注意が必要で
す。

 なにしろ、普通の人が元気になる栄養剤とかドリンク剤が毒になるわけですから、発病すると厄介です。
 この見方は、とても玄人の手相観には支持されなくて、あまり結果のレポートもありません。
 便宜的に分けた指紋の方も的中するか実験例もありません。
 でも、お酒を飲んだ時の話の話題にチョッと指紋占いの入り口となっていいでしょ。





トップへ
トップへ
戻る
戻る



Copyright(C)2004-2017 SAC. All rights Reserved.