平成29年 ついている人 いない人



平成29年 ついている人 いない人

 

今年(2017年)は丁酉一白水星の年です。

 

【晦気流年】

    壬辰

 

【伏吟】

    丁酉

 

【天戦地沖】

    癸卯

    辛卯

 

【天比地沖】

    丁卯

 

四柱推命の生まれ日が以上の人は気をつけてください。なを、自分ばかりでなく、配偶者、家族、同居人、お持ちの方は、妾・浮気相手も調べてみてください。仮に、周りの人が全て良くない場合は、厄払いをした方が良いと考えます。

 

次のかたがたは、多少、運勢が良くないかたがたですが、ちょっと注意すればよいと考えます。ただし、周りの人がすべて、悪い場合は、今年悪いことがあったときは、頼りにならないと心得て、自力で解決することを考えてください。

 

【空亡】

    甲戌

    乙亥

    丙子

    丁丑

    戊寅

    己卯

    庚辰

    辛巳

    壬午

    癸未

 

【天命殺】

           五黄土星

六白金星

    

生まれ年で簡単に見る気学のやり方は便利ですので、すこし見ていただいて、気になる方は、くわしく流年鑑定をされると良いと思います。同じ本命星でも、年齢により違いますから、注意が必用です。

※本命星の出し方は、生まれ年を西暦に直し、11から引くとでてきます。

※例19531+9+5+3181+8911-92

※例19911+9+9+1202+0211-29

※ただし、1月うまれ、2月3日までの生まれの人は、前の年に生まれたとします。

 

1          一白水星

2          二黒土星

3          三碧木星

4          四緑木星

5          五黄土星

6          六白金星

7          七赤金星

8          八白土星

9          九紫火星

 

【一番ついてない星】

                      六白金星

【次についてない星】

五黄土星

                     八白土星

【微妙な星】

                      二黒土星

                      七赤金星

【少しついている星】

                      一白水星

                      三碧木星

                      四緑木星

【ついている星】

                      九紫火星

 

 昨年は、東京の都知事が替わり、新都知事が大活躍し、次から次へと新しい話題を作ってくれました。まだまだ続くみたいです。

 土壌の汚染で、色々と問題がありましたが、今年は東京に限らず水や病気の話題が出てくると考えます。

 

 昨年一白水星は1番ついている星になっていました。うまくツキを活かせたでしょうか。

 今年も、ツキは残っていますが、ツキがあるというより、運が強いという感じです。

 あまり、ラッキーは期待しないでください。

 ただし、仕事量も活動量も増えます。働きすぎとか、動きすぎで事故にあう確率も増えています。

 働きすぎには注意です。

 

 昨年、二黒土星は忙しかった人が多かったのではないでしょうか、人付き合いも多少増えたとか、会えない人とも会えたとか。

 今年は、昨年と比べると静かになると思われます。

 まだ、忙しい人も、少しずつペースダウンする時期です。

 

 三碧木星の人、昨年は色々とあったでしょうが、逃げないで問題に立ち向かうことができましたか。逃げ出すのもそれなりの解決手段ですが、問題に立ち向かった人には、今年は逆に強い立場になる可能性があります。

 運が強くなるというところです。

 来年がまだ変化の位置に動きますから、ごり押しは禁物ですが、ちょっと例年より積極的に動きましょう。

 

 四緑木星の人、昨年の助言では、充分休んでのリア充の年としましたが、休んで英気を養ってくれたと考えます。

 今年は、変化の年とされています。

 うまい具合に、運気もわりに良いみたいですから、色々とできると考えます。

 ただし、世の中の変化ということがありますから、今は良くても、必ず悪くなるものからは撤退が必要になります。

 よくよく、考えて計画を立てて上手く引き際を計算して来年に備えてください。

 

 

 

 今年の五黄土星は色々と焦りやすいことが有ります。

 仲良くしていた人、頼りにしていた人と別れる時です。

 仲が良い夫婦であっても、病気や仕事で離れて住むことが有ります。

 一部の例外を除いて、一見、別れてさみしいのですが、世の常を考えれば必要なこともあります。

 あまり。悩んだり、煩わされたりすると益々、落ち込むことが有りますから注意してください。

 

 今年の六白金星は、今年も一番ついてない星になっています。

 しかし、昨年は、無理が伴う事もあって、色々と疲れが出やすい時です。

 今年は、無理をすると体に障りやすいとされています。

 また、それだけでなくて、周りの人に苦労をさせる可能性があります。

 病気や寒さ、飲みすぎなどに注意してください。

 大したことがないと思っていても、軽い病気が長引きやすいので用心することです。

 

 今年の七赤金星は悪かった昨年とは大違いです。

 人によっては、たいして悪くなかったという人もいるでしょうけれど、たいていの七赤金星は、よくても半ヅキと考えます。

 今年は、完全に良いとは言えないまでも、戻ったとか、蘇ったとかという年です。

 まだ、体調に自信がない場合は、数か月トレーニングをして、新しい年に臨んでください。

 体の悪いところが出てきても、かえって良い兆候で、悪い部分を調整して頑張れます。

 

 昨年は八白土星の人にとっての開運期になっていましたが、うまく運を開くことができましたか。

 できなかった人は、また運がよくなるのを待ちましょう。

 うまく、運にのっている人は、バランスを保ち、うまくコントロールすることを心がけてください。

 運がよくても、世の中の流れに逆らう事はできません。

 今年は、気を付けないと逆流に巻き込まれます。

 冒険をせず、危ない処をさけたり、退いたりしながら次の流れを探してください。

 

 

 九紫火星は昨年から運気が上がってきています。そして、今年は一番ついていることになっています。

 攻めても守っても良い形ですが、中途半端なのは、途中でツキが落ちます。

 焦ったり、無理したりすることは必要ないので、着実に物事が進むように、方向をはっきりとさせて、ジリジリと進みましょう。







トップへ
トップへ
戻る
戻る



Copyright(C)2004-2017 SAC. All rights Reserved.