傾斜宮の見方



傾斜表の見方

傾斜表の見方・使い方

 

各宮の強さを表している傾斜表をみて、運勢を判断してください。

 傾斜宮を割り出して、その宮をみて、運の良し悪しを見ることができますが、ピッタリと当たっている人はまれだと思います。

 また、長くやっていくと当たっている時期と当たらなくなる時期が出てくるのがわかります。

 傾斜宮は、ひとつの見方であって、ひとつの宮だけで見る方法ではないのです。

 生まれた時間によって、このほかに命宮を判断に入れて、みたりします。

 私がお勧めしたいのは、勤め先や、職業によって左右されることが多い日本人は、仕事の宮を作って、判断の対象に入れることです。

 人は、立場によって色々と違いがありますから、器の大きさによってもかかわるところが違うでしょう。

 働いている場合、どこの業界か、勤め人か、経営者か、管理職か平社員かなど色々と所属しているところが違ったりします。

 こういう場合、ついている宮に所属していたほうが良いわけです。

 業界分けの場合や、会社の職位などは勝手に変えられませんが、行動はある程度選ぶことができると考えられます。

 営業として、会社から出て交渉をしている場合と、情報収集・資料集めをしている場合、与えられた範囲で決断をしている場合、完全に受身になって、苦情や話を聞いている場合の宮は異なっています。

 また、ラッキータリズマンの代わりに、ついてきる業種の株を所有したり、上がり坂の企業の製品を身につけるということもあります。

 もともと、運を開いたり、ついていない人の運をちょっとでも良くするために使うのですから、うまくいかなくてもダメモトです。

 さて、警告ですが、株式の投資に使うのには注意が必要です。

 株式の投資に傾斜宮を使う場合には、色々と条件や、他の要素を入れて判断しますが、現実と星の影響にはズレがあって、ズレを計算しないと大怪我をすると思われます。

 






トップへ
トップへ
戻る
戻る



Copyright(C)2004-2017 SAC. All rights Reserved.