方位の実際


方位の実際(2005年3月の転勤)

 とあるOBから、転勤で東に行くご挨拶を頂きました。
 移転方位が悪いのではないかとご心配のようでした。
 気学で年を見ますと、乙酉の四緑木星で東は二黒土星で、歳破になります。
 また、月は己卯の七赤金星で、東は五黄土星であり、月建で五黄殺になります。
 さて、悪い方位に移転という話が出てくる場合、自分の運気が落ちていないか調べてみることが大事です。
 悪い方位も、運気が抜群に強いときに動き、気力、覚悟がしっかりしている場合は、自分には問題が起こらないこと
があります。

 当事者のOBは、一人身なので、伴う家族が居られません。
 さて、時々、移転方位が悪いのを苦に転勤を断って、会社を辞職してしまう人がいます。
 この、不景気な世の中ですから、転職先は見つかるどうかも不明ですし、見つかっても不利であることが多いわけで
す。
 運気が落ちている場合は、悪い選択をしやすいので注意が必要です。
 さて、次に遁甲の東を見てみましょう。
 年盤は己と己で六儀が重なり悪くなっています。
 開門と天英星があります。(これは吉)
 二黒土星と勾陳があります。 油断はできません。
 次に、月盤です。
 ホームページでは、掲載間違いがあり訂正しましたから、ぜひ、確かめてください。
 戊と戊、五黄土星と六合、休門と天沖星があります。
 次に星を見てください。
 東は太陽・金星・水星があって、西に木星、南に土星があります。

 結論としては、やはり悪い方位と考えるしかないでしょう。
 年の良いところ、月の良いところ、星の良いところだけ利用して、悪いところを受けないで行くという技を使うにはチョッ
と難しいでしょう。
 どうするかというと、当面問題になるのは月の盤の五黄殺です。
 戊と戊が重なったときの悪さは、信用の問題ですから、一般の勤め人には死活問題です。
 五黄土星の気をうまく使うと、迫力があって周りの人が逆らわないで(逆らっても)我を通すことができるという現象が
あります。
 戊の重なりから、我を通して信用がなくなるかもしれませんから注意することです。
 多少ぶつかっても和する星、六合がありますが、折れすぎて安易に癒着しないように気をつけること、天沖星はいさ
かいを呼びますが休門です、適度な速さで進行しますから、落ち着いて対処すればよい結果になります。
 でも、悪くなることが多いですから、方位の影響が出るのを遅らせるべきです。
 土地の太極が確定するのを遅らせればいいはずです。
 太極が住んでいたところから、新しいところに移るには45日かかるとされています。
 遁甲では2基準日とされています。
 45日を満たす前は、できる限り外泊して、移転場所で完全に生活するのを遅らせるのです。
 また、とくに基準の日とされる節替わりの日には、特に外泊するようにして、月の盤の悪い方位現象が起こるのを遅
らすわけです。

 ちなみに、上手くいかないで月盤の悪い現象が起こった場合は、移転するわけです。
 まず、じたばたとして、悪い現象が表面化しないように心がけて、次に年の盤の問題に対処すべきです。
 年の盤の方位が確定するには時間がかかります。
 でも、確実に方位の力はかかってきます。
 年の盤の凶意は己が示すように、色情の問題ですから起こると厄介ですし、かなりきついです。
 これからも移転がよいと考えます。





トップへ
トップへ
戻る
戻る



Copyright(C)2004-2017 SAC. All rights Reserved.