シリーズ女の名前 ひとみという女


シリーズ女の名前ひとみという女 

リクエストに答えて、黒木 瞳さんの名前です。
ホームページでそれぞれの名前を検索してみると、すごく多くのヒトミが出てきます。
黒木さんの姓名判断では気に入らないという方も居られるかもしれませんが、私はリクエストに従います。

瞳17画
仁美4・9画で13画
日登美4・12・9画で25画
一美1・9画で10画
ひとみ3・2・3画で8画

瞳は17画ですから、遠くからみている人に好かれるということがいえます。数だけからみると半吉半凶のところですが、
少々、しぶといところがあります。
一字ですから、少々21前と20までとでは変わってきます。
 20までは、だいぶ悩みが多く、迷いながら生きてきたと思います。音から利発な感じはあっても、生き方方向性に迷い
が多く悩んだと感じます。
 17ぐらいからその悩みも少なくなって、21すぎから、安定した生き方が出来るようになると感じます。
 35ぐらいまでは今はそれほどでなくても、後に大きくなるような感じがあります。
なお、字星からは慈愛・富貴を感じさせます。
 人に尽くしたり、ボランティア活動が似合います。
 
仁美は13画ですから、比較的優等生で物質運もあります。
仁は人偏を伴っていますから、少々気が強いとみます。
美は物質運も良く和合星もあって、男女ともよく使う文字です。
ただし、何処かに非情なところを持ちやすいですから、親は注意して育てるべきです。
また、事故星の構成要因を内包していますから、生まれ日によっては注意が必要です。

日登美は25画で派手に優等生というわけでなく、不器用さもあって、普通であり、素朴なところがあります。
字星からは、発展と和合を感じます。美については前に述べたとおりです。
愛嬌がある形にはなりますが、この前の女子レスリングの世界チャンピョンの名前です。
登は普通の人に付けるにはチョッと弱い名前ですが、日と合して合格なのでしょう。

一美は10画ですから、良いときと悪いときの差が大きくなります。
若いうちから、頭角を現すか、運命の岐路に立たされます。
名前を付ける場合には、若いうちに試練を与えて大成しやすい日に生まれた人につけることです。

ひとみはひらがなですから、字星の意味はないとします。
画数は8で、安定もあり、発展があり、冷静なところもあります。
姓いかんで違ってきます。

さて、次に音です。
「ひ」という音は面白いもので、音の構成から考えると知性を示すと思われるけれど明るさも表していますし、安定性も
感じられます。
「と」は和合と感受性・知恵を感じます。
「み」は知性と要領・勝負強さをあらわします。

 なかなか人気も出てきそうな音ではありますが、環境をよく選んで欲しいというところがあります。
 悪い環境で、薬や犯罪に縁が出来た場合なかなか抜け出ることが難しそうなところを感じます。

 それでは黒木さんで実例です。

普通姓名判断


黒11天15外12(28)社32内28・5
木4人21総32家22

瞳17地18

五行 土・木・金

社会運が32で上下しながらトップにたち、総画との同数から落下する可能性を持つ名前です。家庭運は22であまりよく
ありません。
人画21は強運であり、天画15は非常に才能をあらわす数です。
ただし、五行の並びはよくありませんから、切り替えの時期にはもめることがあると思います。
その時期は、32ぐらいのとき、53ぐらいのときと考えられます。

四柱推命

黒木 瞳     1960年10月5日

庚子四 偏財 正官  胎 月徳貴人 福生貴人 飛刃 囚獄

乙酉一 正印 正財  死 月徳合 暴敗 深水 桜花

丙寅四    偏印 長生 天徳貴人 福生貴人 紅艶 駅馬 天耗


四柱姓名

黒11○木 甲子 食神 劫財 帝旺 羊刃 紅艶 月空
木4 ●木 乙酉 傷官 正印 沐浴 学士 月徳合 
 
瞳17○水 壬寅    食神 病  暗禄 天官貴人 天徳貴人 天耗

黒木瞳さんの四柱推命の命式と四柱姓名の組織と比べてみると、当然ながら四柱推命の方が良いように思われます。
四柱推命では、正印・正官・正財・偏財という良い星が多く、悪いことから守られる貴人や女性の色気や人気を表す桜
花や紅艶などがあって、華やかさを感じます。
確か、出身は宝塚歌劇団だったと思いますが、宝塚はお嬢様学校だったはずです。非常に入学するのが難しいという
難関を突破したわけです。
四柱推命で見ただけでは、はっきりしませんが、九星を入れてみると、年と日の星が四緑木星で同じになります。
さて、四柱姓名では、四柱推命にはなかった人のうえにたつ星や、お金に恵まれる星などがあります。
また、女優さんやタレントさんに必要な表現力の星が強く出ています。
さて、映画テレビで活躍されている黒木さんですが、印象に残っているのは「失楽園」の凛子役です。
役所広司と共演していました。
そして、彼女が映画「失楽園」のヒロインならば、テレビ版「失楽園」のヒロインになったのは、川島なお美でした。
川島なお美さんは1960年11月10日生まれで、二人のヒロインは同じ歳に生まれたことになります。
ところが、同じ凛子を演じるだけあって、非常に似ています。

四柱推命

川島なお美 1960年11月10日

庚子四 偏印 劫財 帝旺
丁亥八 正財 食神 建禄
壬寅四 偏官  病

神殺は略しますが、年月ともに四緑木星で日は壬寅になっています。これで四柱姓名では、日は丙寅が入るみたいな
のです。

 実際に凛子という人がいたら、丙か壬の寅があって、気性の激しさと、やさしさを持ち合わせた人と考えます。
 両ヒロインとも、「失楽園」の凛子のような人生を歩まないことを願って、おしまいとします。



※他のホームページでも四柱推命で黒木瞳さんの占断をやっているところがありました。
※参考に見に行ってください。
※Stargazerで黒木さんをみると、日の九星が五黄土星になるかもしれませんが、四緑木星です。





トップへ
トップへ
戻る
戻る



Copyright(C)2004-2017 SAC. All rights Reserved.