紫薇斗数応用


紫薇斗数応用

紫薇斗数法は、星図の作成に手間と時間がかかり、なかなか占卜や、方位に応用されることは少なかったのですが、
sutaageigaなどで、簡単に作成することができるようになりました。
紫薇斗数推命術で人の命理を探ることは面白いことですが、応用法を時々使い、象意を練習することによって、命理
の読みが深くなることに役立つと思われます。
最初に、リラックスするために思った通りに占ってみることです。
そうすると、自分の一人よがりのやり方の問題点が、いろいろと出て来ると考えられます。
では、伝統的な紫薇斗数占卜のやり方ですが、命理と同じ方法で作成いたします。
次は、占うときのポイントです。
命宮を重要視します。つぎに用神になっている宮を重要視します。

婚姻・結婚・お見合いなどの見方

女性(花嫁)は命宮でみます。ここに、太陰星があるのがいちばんよく、貪狼星があるのを嫌います。
太陰星は、気が弱く、純情この上なしの星ですから、古代の中国人の理想の女性だったのと考えます。たしか、貞節を
守るために塔から落下して死亡した黄飛虎(七殺星)の嫁さんだったと思います。
貪狼星の妲己を嫌うのは、淫乱な女性を中国人は1番嫌っていることを意味します。
要するに、夫に従順な星を吉とし、浮気症、多情の女を凶としています。
夫妻宮は用神になっております。夫妻宮が悪い場合は、うまくいかないと考えて下さい。
例、太公望と馬千金(天機星と巨門星)、紫微星と貪狼星
他の宮は、一応見てみて、大吉、大凶の宮が何かということ頭の片隅に入れて下さい。
たとえば、父母や兄弟が今日の場合、花嫁の親や兄弟の素行が問題になるかもしれません。
財帛宮は、花嫁の持参金を示します。天相星や天存星は期待できそうです。
疾厄宮は、よく起こる問題をしめしています。
官禄宮は、男性(花婿)をしめしています。
田宅宮は、男性(花婿)の財産をしめしています。
ただし、12も宮があるのですから、良い宮も悪い宮もあるのが当然で、命宮と用神の宮を重要視し、他の宮は一様参
考ということにすべきです。

ここで、実験してもらいたいことは、命宮は、占うわれる女性の質ですので、他の占術(命理)でどのような人か分かる
わけです。
命宮にある星が、命理の占術で出した星の質と似ていれば、なんとなく納得がいくでしょうが、性格が異なっている場合
でも、太陰星や天府星などならば吉とみるわけです。

出産の見方

命宮は母体を表します。この場合には、太陽星を喜びます。貪狼星が主星になった場合、難産になる可能性がありま
す。
男女宮は胎児のことを表します。
官禄宮は医者を表します。
福徳宮は出産後の母体と子供の状態を示します。

福徳宮が悪い場合は、産後よく、養生する必要があると思われます。

求財(借金)

命宮は自分。太陽星を喜びます。空亡を嫌います。
財帛宮を用神とします。
疾厄宮は災難を表します。
遷移宮は銀行を表します。
田宅宮は抵当物件を表します。
その他の宮は、借金をする時の主体の場合以外は無視して下さい。

お金を兄弟に借りるときは、兄弟宮、両親に無心するときは、父母宮が大事になります。

売買(取引)

命宮は買主を表します。太陽星を喜びます。
兄弟宮は仲買人や世話人などを表します。天機星を喜びます。
夫妻宮は売主を表します。太陰星を喜びます。
疾厄宮は問題を表します。
父母宮は取引の条件を表します。
福徳宮は取引成立後の利益や利潤を表します。
田宅宮を用神とします。

あまり細かいことをみてもダメです。細かいことは参考までに見ることにして、けっして重要視しないことです。

病気

命宮を病人とします。天梁星を喜びます。
疾厄宮を用神として、病気そのものものの状態を示します。
官禄宮を傷は苦痛を示し、天同星を喜びます。
福徳宮は薬の効果を示し、天同星や天梁星を喜びます。

疾厄宮 病気の位置

紫薇星 脳
天機星 顔面神経
太陽星 目
武曲星 鼻
天同星 耳
廉貞星 口
天府星 
太陰星 肝臓
貪狼星 腎臓
巨門星 胃腸
天相星 膵臓
天梁星 心臓
七殺星 大腸
破軍星 肺
炎星 熱症
鈴星 熱症
文曲星 寒気
文昌星 寒気
羊刃星 イライラ
陀羅星 出血
左輔星 実証
右弼星 実証
天空星 虚症

病気占いは難しいし、判断に間違いがあれば、取り返しがつきませんので結果を過信しないことです。
また、複数の病気を持っている場合、単独な結果しか出ないことがありますので、よく注意することが必要です。
また、経絡を示す場合も在りますが、研究する気があったら調べてみてください。


移転・引越し

命宮は自分、太陽星を喜ぶ。
疾厄宮は移転後の健康表す。
遷移宮は用神とする。
田宅宮は不動産屋。
福徳宮は移転後の楽しさ、享楽などを示します。

方位の問題がありますから、占うことは大雑把なことです。

旅行

迷宮は自分、天同星を喜ぶ。
遷移宮は用神。
兄弟宮は同行者・同伴者を表します。

願望
命宮は自分、紫薇星を喜ぶ。
遷移宮を用神とする。太陽星を喜ぶ。

面会
命宮を自分、天同星を喜ぶ。
財帛宮は手土産、わいろ。
田宅宮は家柄
福徳宮はチャンス
疾厄宮は支障・問題
遷移宮は紹介者
官禄宮は相手本人で用神とします。
父母宮は自分の父母(上司)と相手の関係。

まだたくさんありますが、命宮が女性として固定している場合以外は、命宮は自分や願いを持っている人になります。
女性が主体になるものは、太陰星を吉としています。
自分に勢いがあること求められる場合、太陽星を吉としています。
旅行や、面会などのんびりしたことは、天同星を吉としています。

紫薇斗数は星に殷王朝末期の人物の個性がのって、面白い物語を作る優雅さがあります。
的中・不的中ばかりにこだわらず、お話を楽しむ優雅さを持ってください。





トップへ
トップへ
戻る
戻る



Copyright(C)2004-2017 SAC. All rights Reserved.