タロット入門2(タロットカードとタロット占い)


タロット入門
錬金術師 
タロットカードとタロット占い

 タロットカードの事はご存知の方も多いと思うが改めて紹介させていただく。
 タロットカード(タロ、タロー、タロッキ等、国や時代によって様々な呼び方がある。日本では、タロットと通常呼ばれて
いるようだ)は現在のトランプの原型と言われていて、大アルカナという絵札22枚と現在のトランプの原型となる小アル
カナという14枚づつの4種のカード56枚よりなり、現在では主に占いに使われるカードである。小アルカナは、トランプ
のスペードにあたる剣、クラブにあたる棍棒、ダイヤにあたるコイン、ハートにあたるカップの4種あり、トランプにはない
騎士の絵札がジャック(小姓)とクイーンの間にあって、4種・14枚のカードとなっている。大アルカナからは、22枚の絵
札の内「愚者」のカードだけが、ジョーカーとして現在のトランプに残っている。タロットカードの起源については、諸説あ
り本当の所は定かではない。
 タロットカードの占い方はいろいろあるが、ある一定の方法でカードを並べ、そこに置いたカードの意味を解釈する事
によって運命を占う。カードの絵にはトランプとちがい上下が有り、正しい位置と上下が逆になった場合とでは意味がち
がってくる。正しい位置の場合の意味を「正意」、カードが逆さの場合の意味を「反意」というが、逆さだからといって、カ
ードの意味が反対になるという訳ではないので注意していただきたい。正意と反意では意味が異なるという事で、反対
という事ではない。タロットカードには前述のごとく大アルカナと小アルカナが有り、大アルカナは人間を表し、小アルカ
ナは世界、世の中全体を現すとも言われているが、厳密な規定はない。また、大アルカナの場合はひとつひとつのカー
ドにナンバーが有り、数秘学(数にはそれぞれの意味があり、その数字により運命を占うという学問)に関連していた
り、ヘブライ文字に関連していたり、星や天体にもそれぞれのカードが関連していて古代占星術とも関わりがあるが、あ
まりにそれらの事を追求してゆくと、頭でっかちになりすぎて、タロットカードの本来の意味、占い方法から逸脱してしま
うので、ここでは、多くを述べるつもりはない。それらの多枝にわたる事はカード研究家や占い研究家に任せたいと思
う。タロット占いにおいては、並べ方やそのカードの意味はそれなりに重要ではあるが、タロット占いは占星術等の規則
に従った占いの範疇ではなく、むしろ水晶占いのような占い師の霊感力による占いである。古代の占い師の奥義書に
は、「タロット占いに精通してくると、カードの絵がその運命を語りかけてくる。」と書いてある。これは、抽象的な話では
なく、実際に絵が動き出し話かけてくるという事なのだ。まあ、薬でいっちゃっている人のようだが、タロット占いの本来
の姿は現在のテキストに書いてあるようなものではなく、古代神秘技法に基づくものであり、魔術のようなものなのだ。
タロット占いとは、タロットカードを通じて運命の神と対話し、その運命や対処の方法を聞く事で、タロットカードは運命の
神と会う為の鍵であり、並べ方はその鍵穴と思っていただけば良い。タロットの占い師はその鍵を回して扉を開ける人
なのだ。その部屋に入り、運命の神と会うかどうかを決めるのは、あなた自身である。






トップへ
トップへ
戻る
戻る



Copyright(C)2004-2017 SAC. All rights Reserved.