タロット入門3(タロットカードの並べ方)


タロット入門 3                         錬金術師
 タロットカードの並べ方

一番簡単な方法としては、「今日の運勢は何か」等と占いたい事を念じて、カードを1枚取りその意味を解釈するという
方法も有る。カードの並べ方にはいろいろ有るが、ある程度きちっと占えて、かつ簡単な方法としてギリシャ十字法の
略式版をお教えしよう。現在では、全てのカードを使って占いをするものが多いが、中世では、ゲームで小アルカナを使
い、占いでは大アルカナを使ったようだ。この占いも大アルカナのみを使う。現在のタロット占いの本では、初心者向け
の占いという事で、「全部のカードを使わずに、大アルカナのみを使ってもいいですよ」といった書き方をしてあるものが
多いが、今までの私の説明でそのような事ではなく、大アルカナと小アルカナとではそもそもの役目がちがうという事が
お解かりになったと思う。
 タロット占いは一種の儀式であるので、占われる者もまじめに立ち会わなければならない。遊び半分でやっては決し
ていけない。トランプ占い等とは次元がちがい、ふざけてやれば痛い目にあう事となろう。当然、タロット占いではトラン
プのようにシャッフルしてはならず、裏返したカードを右手で時計回りにかき混ぜる。左手はそれを邪魔してはいけな
い。占い者はそのカードを質問者の前に並べるのであるが、占う時にそのカード意味を暗記した意味で限定するようで
は当たらない。又、自分かってにストーリーを組み立てて話しても、主観が入ってしまって当たらないだろう。占い者は
それらのカードから感じた事をそのまま質問者に話、質問者への思いやりを持って会話する事により、質問者と共に一
つの解決策へ結実させるようにする事が重要である。さらに、付け加えるならば、一つの占いをした後に次の占いをす
る事は慎まなくてはいけない。その前の占いの波動が、次の占いに影響を与えるからで、必ず、ある一定の休息をす
るべきである。
 このようにして、混ぜたカードを占者は一つにまとめて、質問者の右手でカードを引かせ、1枚目を1の位置に置き、
同じように4枚まで引かせてその位置に置く。そして、1から4までの数字を足して出た数字のカードを5に置く。もし、2
2以上の場合はその数字を分解して足したものを5に置く。
 例えば33=3+3=6
もし、その数字のカードがすでに出ている場合は、今は行動を決定してはいけない時だという事である。






トップへ
トップへ
戻る
戻る



Copyright(C)2004-2017 SAC. All rights Reserved.