夏の占星術再入門2


惑星や12室、十二星座などのカテゴリーに従って、まじめに再入門の道をたどっていくのもよろしいのですが、もっと、
身近にホロスコープ解析の力を上げていきたいという方も居られると思います。
そこで、今回はホロスコープ解析の手助けにつながる方法です。

1、四つの区分
正確に、ホロスコープを作成してみて、全部の室に一つずつ惑星が入っていることは無いと思います。たいていどこか
の室にいくつか星が入って、全体の形が偏ってるのではないでしょうか。
ホロスコープを前に落ち着いて全体を眺めてみて下さい。
最初にホロスコープを左右に二つに等分してみます。左側に星が多い方と、右側に星が多い方がおられると思いま
す。また、数を数えてみると同じぐらいの方もあると思います。
第1室を含む左側のエリアに星が沢山ある人は、自分自身の判断、考え方をもとに生きていくべき人です。ですから、
才能を磨き、自分自身の能力を上げていかなければなりません。
逆に、右側のエリアに星が沢山ある人は、自分の配偶者や恋人、共同経営者などに引きずられて生きていく人です。
ですから、その人にとってはパートナー選びがすごく重要です。
また、日常の小さなことの判断は自分でできなければいけませんが、重要なことはできるだけパートナーに判断させる
ように訓練しなければいけません。
自分自身の判断ではなく、パートナーの決断をさせるという、ちょっとちがった方法を身につけるべきです。
次に、ホロスコープを上下二つに割ってみます。上半分と下半分のどちらに多くの惑星があるかなかなか興味深いとこ
ろです。
下半分に星が集まる場合、その人の人生は、その一家、その家系を背負って行動していたり、家に縛りつけられてい
たりすることが多いでしょう。
世の中を生きていく上で、自分の家族を大事にして、自分の家族を守るために力を発揮するタイプです。
上半分に星が集まる場合は、世のため、人のために人生の方向を持っていくタイプです。
特に、上半分のうち、MCに近いところにある惑星をカルミネートと呼びます。
一応、技法の一つとしては、最もカルミネートする惑星が人生の目的をしめしているというやり方があります。
実際にどうか、実験で確かめてもらいたいものです。

太陽のカルミネート
権威や力、名誉や賞賛などにあこがれ、それを手に入れるために努力します。

月のカルミネート
協調と和合を重要視し、多くの大衆と共感できる人生をもとめていきます。

水星のカルミネート
知識・才能など自分の個性を生かし、世の中を生き抜いていくことを望みます。

金星のカルミネート
平和と調和を愛し、堅実で平和に世の中を渡って行きたいと思っています。

火星のカルミネート
義理人情を重んじ、競争に勝ち続けながら世の中を図っていきたいと思っています。

木星のカルミネート
ゆったりした気持ちを持ちつつ自然の流れに逆らわずのんびりと生きていく人生を望んでいます。

土星のカルミネート
信義と名誉を重んじ、責任感を強くし義務のために生きていく人生です。

天王星のカルミネート
自分の能力の限界に挑戦し、特殊技能、専門知識などを生かして人生を渡って行きます。

海王星のカルミネート
夢とロマンを大事にして、現実のことは順応しながら生きていく人生です。

冥王星のカルミネート
精神世界の追求や学問研究などによって自己を形成し、何かを追求していく人生です。







トップへ
トップへ
戻る
戻る



Copyright(C)2004-2017 SAC. All rights Reserved.