平成22年 ついている人 いない人(修正版)



平成17年 ついている人 いない人

 

 

今年(2010年)は庚寅八白土星の年です。

 

【晦気流年】

    乙亥

 

【伏吟】

    庚寅

 

【天戦地沖】

    甲申

    丙申

 

【天比地沖】

    庚申

 

四柱推命の生まれ日が以上の人は気をつけてください。なを、自分ばかりでなく、配偶者、家族、同居人、お持ちの方は、妾・浮気相手も調べてみてください。仮に、周りの人が全て良くない場合は、厄払いをした方が良いと考えます。

 

次のかたがたは、多少、運勢が良くないかたがたですが、ちっと注意すればよいと考えます。ただし、周りの人がすべて、悪い場合は、今年悪いことがあったときは、頼りにならないと心得て、自力で解決することを考えてください。

 

【空亡】

    甲辰

    乙巳

    丙午

    丁未

    戊申

    己酉

    庚戌

    辛亥

    壬子

    癸丑

 

【天命殺】

三碧木星

四緑木星

    

生まれ年で簡単に見る気学のやり方は便利ですので、すこし見ていただいて、気になる方は、くわしく流年鑑定をされると良いと思います。同じ本命星でも、年齢により違いますから、注意が必用です。

※本命星の出し方は、生まれ年を西暦に直し、11から引くとでてきます。

※例19531+9+5+3181+8911-92

※例19911+9+9+1202+0211-29

※ただし、1月うまれ、2月3日までの生まれの人は、前の年に生まれたとします。

 

1          一白水星

2          二黒土星

3          三碧木星

4          四緑木星

5          五黄土星

6          六白金星

7          七赤金星

8          八白土星

9          九紫火星

 

【一番ついてない星】

                      四緑木星

【次についてない星】

                     三碧木星

【注意すべき星】

                     五黄土星

                    二黒土星

【微妙な星】

                      一白水星

                      六白金星

【少しついている星】

                      八白土星

【つきはじめの星】

                      七赤金星

【ついている星】

九紫火星

 

 

 昨年は、十二支の「丑」の年で、予想通り変化があり、色々と世の中がゆれたという感じがありました。

 今年も前半に、色々と大きな変化があると考えます。

 沢山変化があっても、自然に慣れてなんとなく未来が見えてくると思います。

 長い目で見ると、この先短い間に変わってしまうことでも、パスして通り過ぎることは出来ません。うまく通り抜けましょう。

 

さて、一白水星のひとは、落ち着くことが出来たでしょうか。

 今年は、色々と楽しむ星回りです。楽しみながら色々と吸収して、来年の変化に備えてください。

 

 二黒土星の人は、昨年よりも忙しい年になると思われます。

 ただし、予想が立てにくい年廻りです。良いと思ったことが悪かったり、瑕疵が後から見つかったりで注意が必要です。

 ところが、当然悪くなると思っていたことが逆に良くなったりもします。

 

 三碧木星の人は、昨年を無事に過ごし、上手く退くことが出来たでしょうか。

 年代にもよりますが、別れが多くなります。

 転勤・移転の可能性が高いです。また、自分自身に転勤・移転がなくても、周りの人や、親しい人にあって、別れが多くなります。

 

 四緑木星の人は、健康や貧困に注意です。

 日本全国景気が悪いのですから、金回りが悪いのはしょうがないことです。

 しかし、判っていて無駄遣いが多くなったり、気づかないうちに財産が目減りしていたりすることは注意すべきです。

 怖いのは、健康が損なわれて、それが原因でお金がなくなるやつです。

 生まれ日の方がよほど悪い場合を除いて、たいていの人は予防や節制で健康面の厄をとうざけることができると考えます。

 

 五黄土星の人は悪かった昨年からやっと逃げることが出来る年です。

 ただし、無難に過ごせた人も含めて、突発事故や思っても無かった問題が起こりやすい年ですから、油断は禁物です。

 昨年、散々な目に会った人は、調子を戻したり、リハビリをして、少しづつ運を直してください。

 あせらなくとも、良くなるときは良くなるのですから。

 

 六白金星の人は、昨年に悪いことが出なければ、今年は来年に向けての計画準備の年です。

 まだまだ、世の中は不安定な感じがします。

 でも世の中の変化は昨年ほど凄くはありません。

 予測がつけにくいところを見極めながら着々と準備してください。

 

七赤金星の人は、はたして、力を蓄えることが出来たでしょうか。

 ことしは、行動に移す時期にあたっています。

 用心深く、今年も様子見を決め込むというのも手ですが、始めてみてチャンスが舞い込むこともあります。

 ただし、世の中は変化の途中ですから、色々と用意は必要です。

 下準備や協力者を探したりなどの土台作りを怠ってはいけません。

 

 八白土星の人は、昨年の助言を活かして活躍できたか興味があるところです。

 今年は、上手くいった人も、失敗した人も忙しくなる年です。

 上手くいった人は、ますます、人の関係が増えて、活動も大きくなるはずです。

 失敗した人も、ちゃんと真面目に活動していたなら、人の関係や情報関係が増えて、より良い道が見つかったりします。

 どちらの人も働きすぎにならないように、債務超過にならないように、健康にも留意してください。

 健康問題が起こり、入院して人間関係が広がる場合もありますが、そんなことを期待して、勝手に事故にあったり、怪我をしないでください。

 

 九紫火星の人で昨年までに上昇した人は、今年は一歩退いて、良いことを安定させる時期になっています。

 闇雲に力を使わずに、あまり力を使わなくても一定の効果を望めるようにしていくことです。

 昨年まで必要としていた力や、人間関係を上手く整理して、一番楽な常態を作り出してください。

 なお、予想に反して、昨年ついてなかった人は、今年も何かを追うようなことは避けたほうが良いでしょう。

 まだ、大丈夫でしょうが、いよいよのときの引き際が難しくなるからです。

 

 

※ なを、生まれ日の干支がわからない方は、毎日の運勢から、生まれ日の十干から見る毎日の運勢に進み、60干支と「生まれ日の干支番号はやみ表」について、生まれ日の干支番号早見表などを参考に割り出してください。







トップへ
トップへ
戻る
戻る



Copyright(C)2004-2017 SAC. All rights Reserved.