米国大統領の話の2


 米国大統領の話の2

つづきです。
 前回は、米国大統領とローラさんとの相性を見ましたが、国家とのかかわりはどうでしょうか。
 ホロスコープを作って色々と見るわけです。
 米国のホロスコープは、創立当時、議会の中にフリー・メースンの会員が居て、その会員の提案で、占星術上の良い
時間をえらび、真夜中に認証を行ったという伝説と記録があります。
 でも、他の国とのバランスがありますから、大統領も国家もソーラー・サインの形式で見ていきます。
 すると、国家はかに座で、木星もかに座、火星と天王星はふたご座にあります。
 土星と太陽の角度が少々問題です。
 この時点では、冥王星・海王星・天王星は発見されていなかったと思います。
 そして、移民のバランスも今と違っていたでしょう。
 かに座に太陽と木星がありますから、本来、米国は、農業・畜産業を愛し、他国の侵略を好まない国と考えます。
 移民によって、変化はします。
 軍隊は、今はなくとも宇宙軍を持つようになります。
 政治的には、あまりよくなく、国土の広さや、民族問題がネックでバランスをとるために保守的に流れる傾向がある。
 また、海王星と火星は悪い角度になっていますが、昔の禁酒法時代を考えれば理解しやすいと考えます。
 また、冥王星の山羊座ですが、度数も考慮に入れると、いずれの未来にフィクサーになる傾向があります。
 月の水瓶が困ったものです。
 いずれの未来に別の解釈が出てくるとして、少子化です。




 と、これくらいにして、大統領のソーラーを見てみましょう。
 こちらも、かに座に太陽があります。
 国家の星座と同じだと、何処かのサイクルに共通する部分が出てくると考えます。
 太陽はかに座、土星もかに座、木星はてんびん座、月もてんびん座、でも、天王星はふたご座にあって、木星と良い
角度。
 火星は乙女座。
 惑星は5つ連続する星座に集中していますから、なにかと得意・不得意があって、偏っていると見えます。
 配列を見ると
火3活動5男7
地1不動3女3
風4柔軟2
水2
 ですから、指導力は優れているし、知性のほうも高いという感じです。
 おつむが悪くて、冗談の種になっている、愉快な大統領とは少々イメージが違います。
 考えられるのは、保守、守りが強くて、自分の大事な部分以外は何を言われても気にしないというタイプです。
 米国が攻撃されたとか、攻撃されるというようなことがあれば、ケンカをしますが、もっと陰湿な戦いを得意としている
ような気がします。
 さて、女の人の名前のハリケーンが被害を及ぼしたのは、乙女座・てんびん座に太陽がきたときです。
 大統領・国家とも天秤座の位置に惑星が来ると摩擦があります。
 乙女座は、ふたご座の惑星と悪い角度です。
 でも、山羊座や、おひつじ座に惑星が来るときも悪い出来事が起こるかもしれません。



 どうですか、国家の星図を読むのも結構面白いでしょう。
 ただ、国家の創立をいつにするかは、なかなか難しいものです。
 米国やイスラエルは創立の時間まで判っていますが、日本や中国はどうなのかと考えるのではないでしょうか。
 疑問を持たせつつ、次回の話につづきます。





トップへ
トップへ
戻る
戻る



Copyright(C)2004-2017 SAC. All rights Reserved.