米国大統領の話の3


米国大統領の話の3

前回は、占星術によって、大統領と国家の相性をみましたが、今回は、四柱推命で見ようと思います。
 国家の四柱推命があるのかと思われるのは当然です。人の運命をみるのが、命式で、国家や会社の未来をみるの
が群式です。
 群式は、四柱推命のように、年月日時を基に出すのではなく、運世年月という普通使わない単位でみます。
 米国の群式です。

乙亥 正印 正官 絶
丙子 比肩 正官 胎
丙申 偏財     病
甲午 偏印 比肩 旺

 国家の判断です。
 米国は、利益(国家利益)を求める国です。なかでも、情報を大事にすると考えられます。国としては、色々と改善し
て、向上するという良いところがありますが、多少根気に欠けて、長く続かないことがあります。
 民主主義でありますが、他の国や、利益の関係人たちからの干渉があります。
 外交政策は、倫理観はしっかりしている様ですが、準備が足らず苦労します。
 国家の要といえる指導者・大統領は、たいていの場合、保守的で引っ込み思案の人が多いでしょう。
 国家の国民への福祉は、あるようで居て、偏重がありえます。
 また、ある程度のいがみ合いを考慮に入れれば、比較的楽しい生活をおくらせていると考えます。
 一部の人が不平等に扱われるのは国家の因縁です。
 国家を強めたり、助けてくれる人は木か火が強い人です。
 国家が助ける人は土が強い人です。
 ですから、米国に移民しようと考えている人は、自分の命式と流年を調べるべきです。

大統領の命式

丙戌 偏官 偏印 衰  
甲午 偏財 正官 沐浴 
庚辰 偏印     養  

 大統領は、火性も土性もつよく、国家を助けると同時に、国家からも助けられる形になっています。
 政府関係の仕事について、正解でした。

 仮に、日本の小泉さんみたいな人が、大統領だったら、金性が強いから、国家も困るし、人も困ります。
 政府関係の職業につく場合は、群式を検討しないといけないわけです。
 





トップへ
トップへ
戻る
戻る



Copyright(C)2004-2017 SAC. All rights Reserved.