平成30年 ついている人 いない人



平成30年 ついている人 いない人

 

 

 

今年(2017年)は戊戌九紫火星の年です。

 

【晦気流年】

    癸卯

 

【伏吟】

    戊戌

 

【天戦地沖】

    甲辰

    壬辰

 

【天比地沖】

    戊辰

 

四柱推命の生まれ日が以上の人は気をつけてください。なを、自分ばかりでなく、配偶者、家族、同居人、お持ちの方は、妾・浮気相手も調べてみてください。仮に、周りの人が全て良くない場合は、厄払いをした方が良いと考えます。

 

次のかたがたは、多少、運勢が良くないかたがたですが、ちょっと注意すればよいと考えます。ただし、周りの人がすべて、悪い場合は、今年悪いことがあったときは、頼りにならないと心得て、自力で解決することを考えてください。

 

【空亡】

 

甲子

乙丑

丙寅

丁卯

戊辰

己巳

庚午

辛未

壬申

癸酉

 

【天命殺】

       四緑木星

       五黄土星

生まれ年で簡単に見る気学のやり方は便利ですので、すこし見ていただいて、気になる方は、くわしく流年鑑定をされると良いと思います。同じ本命星でも、年齢により違いますから、注意が必用です。

※本命星の出し方は、生まれ年を西暦に直し、11から引くとでてきます。

※例19531+9+5+3181+8911-92

※例19911+9+9+1202+0211-29

※ただし、1月うまれ、2月3日までの生まれの人は、前の年に生まれたとします。

 

1      一白水星

2      二黒土星

3      三碧木星

4      四緑木星

5      五黄土星

6      六白金星

7      七赤金星

8      八白土星

9      九紫火星

 

【一番ついてない星】

              五黄土星

【次についてない星】

四緑木星

七赤金星

             八白土星

【微妙な星】

              九紫火星

              三碧木星

【少しついている星】

              一白水星

              二黒土星

【ついている星】

              六白金星

 

 今年は2014年の甲午の年より、5年目に当たります。

 その年は、年の上の単位の世というのが30年ぶりに替わった年で、変化が多いとみられる最初の5年の最後の年です。

 来年からも変化は続きますが取り分け大きな変化が見込まれたのがこの5年でした。

 今年が終わると、変化の度合いがダウンしてくると考えられます。

 それを踏まえて、今年1年を過ごしましょう。

 

昨年、一白水星の方は、色々と忙しくて人付き合いも増えたりしたと思います。

今年は、その流れから、イニシャチブを引き継ぐ形になります。

いつまでも続くわけではないのですが、何となく印象付けに力を入れるといずれ意味が出てくるかもしれません。

しばらく先に運気の変わり目がありますから、その時のことも考えて少しづつ種をまいておいてください。

 

昨年の二黒土星は、その前の年と比べれば、徐々に忙しさも減ってきていると思います。

うまく、無駄や仕事を減らして余裕を持てるようになっているのを期待します。

さて、ちょうど良い仕事やポジションを得ていれば、今年は自然に実利を得て良くなります。

ただし、来年は変動の年になりますので、用心深さは必要です。

 

三碧木星にとって、今年は変動の年になっています。

なかなかうまくいかないことが多いと思われる中、不思議とラッキーに恵まれます。

だからと言って、積極的に手を広げすぎると大失敗になります。

ここ数年、運気が落ち気味だった人は、ぜひ休むべきです。

何もないように、一年を過ごすのも良いでしょうし、来年の天命殺に備えるのも良いでしょう。

要するに、来年からの天命殺の事を頭に入れて行動してください。

 

四緑木星は遂に天命殺の年を迎えてしまいました。

当然ながら、運は落ちてきます。しかも、突然の事故運までついています。

充分注意しても、運気が衰えてくると思ってもみないことが、自分を含めて他のキーパーソンにも起きたりするものです。

しかし、神様もある程度ご承知で、意外な助け舟があるかもしれません。

ただし、来年も天命殺が続くのですから、安心しないで運気の継続を図って無理をせず安穏に過ごすことを心がけましょう。

 

五黄土星は今年も天命殺です。

昨年は、静かに過ごすことができたでしょうか。

また、意外に悪いことが少なく、別れもなかった人もいるかもしれないですが、今年はあなた自身の健康の問題がありますから、特に病気に注意してください。

五黄土星の人は、元気な人が多くて活動的ですが、注意すべき時は充分注意すべきです。

 

六白金星は昨年まで、ちょっと運気が悪くなっていました。

とくに、一昨年前の生き方を間違えた人にはきつかったと思います。

ところが、今年は打って変わったように急に運気が回復します。

前半は、前年度までのことで、寒い冬で体が硬くなって、その感覚が抜けないのですぐに形になって表れない場合が多いいですが、確実に運気は上昇します。

注意するのは、温度の変化で風邪をひきやすくなるようなもので、急に上昇した運気を充分生かせずジレンマに陥ることです。

タイミングを少し落として、ゆっくりと動きましょう。

 

昨年の七赤金星は、悪い運気から抜け出して、本来の運気に復帰する年回りでした。

今年は、いわゆる自分自身の力というものが蘇ってきているのだけれど、周りの環境等の問題はきつくなっています。

でも、また来年になれば、パワーの方は今年以上に上がるのですから、無茶しないことです。

いろいろ話はあっても、堅実化にはむいてない時期です。

計画を練って、小さく試を入れて、本格的に計画を開始できるか慎重に考えてみてください。

 

八白土星土星の人は昨年の開運期を活かせた人と、平凡に過ごした人がいたはずです。

上手く運を開いた人は、今年は発展期とか、進展期という時ですから、一年の中の良い時、悪い時を慎重にみて、悪い時は用心し一時引いてもうまく進んでください。

開けなかった人も普通に過ごしてください。

どちらの人も、障害はあると思います。

でも、時期的なものがかなり関係していますから、形成判断を的確にすることです。

 

九紫火星の方は、昨年一番ついている星になっていました。

上手く運を開くことができたことを祈っていました。

運を開くことができて、一応も二応もポジションが取れた方は、それを利用して、今年も活躍してください。

昨年ほどのラッキーはなくなっても自力が上がってきていますから、仕事量も収益も増えると考えます。しかし、働きすぎという事もでてきますから、自制も必要です。

働きすぎで健康を害すると結局、運を落としてしまいます。

開運した人は良いのですが、半づきのまま今年に突入ひた人が一番心配です。

流れできてしまい、中途半端に収益があって、今年は仕事量が増える割に実利はそれほど増えずに、働きすぎで健康を害するというパターンにはまりがちですから。

なを、昨年開運を図らず静かにしていた人もお声は色々と掛かります。

忙しいという事は、共通しています。

 







トップへ
トップへ
戻る
戻る



Copyright(C)2004-2017 SAC. All rights Reserved.