楽天の運命2−2


楽天の運命2−2

 居鈴麻平氏の著作「占星情報・会社編」の抜粋を見ていただいて、現実の楽天の星図を見ながら、色々と考えてくだ
さい。



 楽天の創立は、1997年の2月7日にとりました。
 占星術師をやっていると、時々、法人の旗揚げに良い時期に出くわします。
 これも、なかなか良い時期だったかもしれません。
 というのは、結果が明確だからです。
 星図を見ると、太陽・月・天王星・金星・木星、それに、近くに海王星と水星が集まっています。
 良くても、悪くても、早く結果がわかると考える理由です。
 さて、楽天は、インターネットで活動していますが、水瓶座に太陽も天王星もあって、ITといわれている企業にはあって
いる時期でしょう。
 今流行のM&Aで、会社を大きくしていますが、7つ位の大きな企業を飲み込んで、それを中核にして、大きく発展す
る可能性があります。
 また、多角化も射手座に冥王星があって、有利と考えます。
 それでも、てんびん座に火星があることから、あまり戦い方はうまくないです。
 問題は、火星と天王星の120度の角度に楽しみを与えるふたご座の位置に星が来るとき、射手座の冥王星との角度
が悪くなることです。
 なかなか面白いものですから、どうぞ御検討ください。
 


 さて、経営者の三木谷氏の星図(ソーラーサイン)も見てみましょう。
 太陽がうお座にあって、土星が重なっています。
 情緒豊かなだけではなく、実務もしっかりしているでしょう。
 でも、一番感じることは、本当は、占星術師とか、魔法使いの友達ではないかということです。
 さそり座の海王星、天王星と冥王星の合、水瓶の金星など、これだけの位置の人は沢山いますから、実務の土星は
意味があります。
 結構、オカルトと縁があるかもしれませんね。
 なを、三木谷社長の金星は、楽天の惑星と合がありますから、会社と金星は連動すると考えます。
 進行中の惑星と水瓶座の金星との角度で株の上下も考えられるかもしれません。
 ただし、株の価格に表れないで、経営面に実在し、進行することも考えられます。
 水瓶座と影響がありそうな天体の位置はいろいろとあっても不思議はないですね。







トップへ
トップへ
戻る
戻る



Copyright(C)2004-2017 SAC. All rights Reserved.