村上世彰代表の話



村上世彰代表の話

リクエストがあったので、お答えします。
今回のお話は、村上ファンド代表の村上世彰氏でございます。
先日、保釈されましたが、なわ目を受けるという不名誉なことがありました。
罪状はインサイダー取引による証券取引法違反ということになっております。
村上ファンドの代表としての立場もありますので、注意が必要です。
まず、村上ファンドは投資ファンドですので、出資者に利益をもたらすのが目的です。
その点、ホリエモンの様に、他の会社の支配権を持つことは目的になっていません。
「ものをいう株主」というのは、最初から、戦略の一つであったと考えます。
ライブドアの株主には多大な損失がもたらされましたが、逆に、村上ファンドの出資者には手厚い利益還元があったと
推測します。
事前に入手していた株式を高値で売り抜く、これは、ファンドマネジャーの常道であって、非難できない行動です。
非難が出るのは、損させられた人々からでしょう。
また、投機行為に批判的な考えを持つ人たちでしょう。
さて、リクエストしてくださった方は、「ニセは欽ちゃん」と呼んでおられましたから、最初は相学です。

          

髪の毛の生え方は、あの年齢にしては結構あるほうではないでしょうか。
多くの大衆よりも、個性的な存在であることを目標にしてるところがあります。
ほんのチョットかもしれませんが、隠すことがあります。それは、普通の人の平均よりも多いと考えます。
次に、眉毛の形ですが、どちらかというと八の字に曲げているか、普通の眉毛の域を出ませんので、人付き合いの幅
はそれほど広くはなく、狭いことはありません。
目の形は、カエルの目玉を連想するような特徴があるものです。
上まぶたと下まぶたに特に特徴があります。
下のまぶたが厚いのは、精力に恵まれている。と言えるでしょう。
上のまぶたと眉毛の間が沢山あるのは、金運・財運に恵まれると言われています。(二重瞼の人は金銭・財運に恵まれ
る構成要因を持っています)
耳の形は、良いともいえませんが、悪くはないでしょう。
したがって、晩年、年をとってからもいろいろと面白いことがあると考えます。
鼻の形は、温和な形であり、大きさも決して小さくありません。また、はなの肉厚も決して薄くならないと考えます。
多少、気分によって違いが出て来る人ではありますが、投資に関して、奇妙な方法をとらず、まともな考え方を持ってい
ますから、M&Aが日本ではまだなじみが薄いことがあっても、世界的にみては理解しやすい、まともな方法と考えている
と思います。


四柱推命

己亥5  偏財  正印  死  学士 正桜花 血刃 駅馬

壬申5  正印  偏財  胎  月徳貴人 天徳貴人 暴敗

乙丑2    偏財  衰  福生貴人 暴敗




四柱姓名

村 7○  壬亥 偏財 偏財 絶 血支 地耗
上 3○  甲申 偏官 劫財 病 暗禄 金與録 天厨貴人 福生貴人 天徳貴人 
世 5○  戊丑     劫財 養 太極貴人 天乙貴人 
彰14●  己  劫財



  さて、聞いた経歴では、灘中・灘高から東京大学法学部卒で通産官僚、主流でないのではずれ、投資コンサルタント
の道へ。
  小学校の頃から株を始め財テクは筋金入り。
 ということですが、四柱推命をみると、正印二つ、偏財三つです。
 経済学などの学問に才能はあると思えます。
 用心深く、マザコンで、度胸を持つのに苦労したと思います。
 でも、官僚の星はありません。
 官僚を早めに諦めて、別の道に進んだのは正しかったと考えます。
 かといって、学者ということになると、長い間には、援助金を運用して・・。
 という事件がおきるでしょうから、民間で正解です。(壬己)
 次に、四柱姓名ですが、投機にむいています。
 地支に劫財がありますから、証券会社や商社にむいています。
 少しアングラなところがあります。

 たしか、学生時代はディベート好きで、議論が得意だったけれど、得意の経済以外の議論ははぐらかし、不得意な議
論からは撤退したと、人気がありません。

 もともと、舌先だけで勝負する星ではありませんから、ここでも「ものいう株主」には無理を感じます。
 



 つぎにホロスコープです。

 生まれた時間はわかっていませんが、誰かの証言で、「小柄なやつ」と言うのがありましたから、上昇宮は女性星座と
思われます。
 蠍とか蟹だと思います。
 目がぎょろりとして、カエルの目玉を連想される方が多いと思います。
 米国のインディアンがやっていた占術メディスンチャートの中に「かえる」というのがありましたが、村上代表はどうでし
ょうね。
 形状は全天の半分より狭い範囲に全惑星が集まっています。
 これは、才能が偏っていることを顕します。
 今までの検証で、投機の才能であることは間違いないことですが、これだけでは大きく伸びないわけです。
 足らないところを補足してくれる参謀が必要なわけです。
 見るからに一匹狼のように生きていますが、ファンドマネジャーとして、金儲けの才に特化するあまり、経営のバラン
スを欠いてしまったと考えます。
 その上、なかなか障害を拒みがたい惑星配置です。
 ぽつんと離れた土星を除いて、残りの惑星が90度の形を作ろうとしています。
ツキがあるときが続かず、また、問題が生じる形です。
実際に、時期を見てもらいたいわけですが、冥王星や海王星という大惑星が良い角度のときと悪い角度のときです。
すぐに角度が変ってしまって、良いときが長続きしないのが証明されると思います。
この時期に生まれた方は、運が良いとき悪いときをよく知って、運に流されないように色々と工夫をすべきです。
また、名前を工夫したならば犯罪に巻き込まれるまでにはならなかったかもしれません。
また、時代の先端を歩きすぎたのではないかと考えます。
米国でも、コングロマリットのさきがけになるような人が逮捕されたことがあります。
自然科学の学者も理解されるのが遅れることもあります。
日銀総裁が村上ファンドを持っていて、色々といわれましたが、5年で2.6倍といいますが、最初から大もうけしたわけ
でなく、配当にバラツキがあります。
でも、それよりはるかに小額といえど外貨預金を日銀総裁がしているほうが問題なのではないでしょうか。
村上さんもチョット目立つのが早すぎた。
まだツキが残っていますから、英気を養って、次のときを待って欲しいものです。





トップへ
トップへ
戻る
戻る



Copyright(C)2004-2017 SAC. All rights Reserved.