2007年春分図の検討




2007年春分図の検討

2007年春分図の検討

 

 今年は、地震や選挙など、8月までに色々ありましたが、それを含めて、春分図を検討したいと思います。

 また、場合によっては、来年以後の春分図をつくり、予測の役に立てたいと考えます。

 この試みは、実験でありますから、他の占術を使って、検証して的中率を上げたりはしません。

 また、細かいアスペクトなどは、落ちていたりしますが、目途が立ってから検討したいと思います。

1室(国民・方向)                     なし

              星がないので、水星をみる。

              10室のうお座にあるため、国民生活は良いとかんがえる。

              方向としては、芸術を理解しようとし、何かにおぼれがちでも向上心がある。

 

2室(予算・歳入)                     なし

              星がないので、月をみる。

第12室のおひつじ座にある。国家の予算は変動があって、はっきりしないが、月と冥王星が120度の角度にあり、冥王星はいて座でもあり、為替は順当に利益をもたらす。

 

3室(通信・交通)                     なし

              星がないので、月をみる。

              第12室のおひつじ座にありいて座の冥王星と良い角度にある。

              外国との通信、交通は良好となる。

              特に中国との結びつきは増える。

 

4室(国土・農業)                     土星

              土星は獅子座にある。作物不作、地価下落とある。

              土星と火星が180度でもあり、地震があった。

              海王星とも180度ぐらいなので、土壌の汚染が考えられる。

              (地震による原発の汚染ははっきりとはでていない。)

              木星と土星は120度だから、一部の地価は逆に上がり、海外への土地投資が

考えられる。

気温は1室双子座(風)、4室獅子座(火)で、暑くなるというのと、

土星(冷たい)があるので、暑くはないと言う意見がある。

土星は、厳しいという意味もあるので、夏がすんでから

どちらだったか考えるべきだろう。

 

5室(教育・市場)                     なし

              星がないので、水星をみる。

              10室のうお座にあるため、株式市場は高いとかんがえる。

              12室の金星と角度が良いので、年金資金、機関投資家、犯罪組織などの

資金が流入する。

教育関係では、青少年の性的汚染が問題になる。

大学生に麻疹(はしか)が流行し、大学が閉鎖された。

 

6室(雇用・サービス)              なし

              星がないので金星をみる。

              金星は12室のおうし座にある。

              金星は、水星と60度の角度にあり、学生が本や講義に興味を持つので、

なかなか健全である。

ただし、12室の金星は、基金の運用、保全に問題、秘密がある。

また、問題は隠されていて、十分表に出ない。

現在でも、年金問題が発覚した。

 

7室(同盟国・条約)                  木星・冥王星

              木星と土星は、120度だから、国土に関する条約は無事であり、保たれる。

              電気・科学・特許に関する条約は変動がある。

              冥王星と太陽は90度だから、暴力犯罪がある。

              長崎市長が暗殺された。

              核拡散の問題は、月と120度で進展するが、28度は核拡散の条約の無力化の

              時期が近づきつつあることを示す。

              著名人の結婚がある。

 

8室(死亡・同盟国の国庫)       なし

              星がないので土星をみる。

              土星は木星と120度で国庫は豊かであるが、

              180度の角度をもつ土星は、事故・紛争に対する出費と、詐欺と

お酒・ドラッグ・海洋汚染に対する出費がある。

死亡者に心臓や循環器の障害が多い。また、膝や骨の障害も考えられる。

 

9室(外国・宗教・法律)           なし

              星がないので、土星をみます。

              不動産や建築に関する法律は問題を起こす。

              海外を利用しての詐欺がある。

              耐震安全基準の設定を上回る地震がありました。

              えびの養殖投資の詐欺がありました。

 

10室(首相・国家元首・政治)  火星・海王星・水星

              星が複数あるため、どれが誰だかはわかりません。

              事故・自殺のトップが居る。

              薬の問題・お酒の問題のトップが居る。妻が活躍するトップがいる。

              運転ミスで、水に入るトップがいる。

高いところから落ちるか、失墜するトップが居る。

陛下に投薬ミスの疑いが生ずる。

 

11室(議会)                              天王星・太陽

              議会で新しく始まることがある。

              同盟国、外国と摩擦がある。

              公明党の立場が微妙になる。

政策変更がある。

政権交代の可能性がある。

 

12室(犯罪・障害)                   月・金星

              女性や妊婦が関係する事件がある。

              地震・汚染・横領の発覚。





トップへ
トップへ
戻る
戻る



Copyright(C)2004-2017 SAC. All rights Reserved.