1923年の春分図






1923年の春分図 

1923年の春分図 

 

関東大震災の年の星図

 

 

1923年の春分図

 

第2室に金星があります。

第2室の金星は財政を表して良いはずなのですが、第5室の月第8室の海王星第11室の木星とグランドクロスを作っていて、財政破たんの可能性がございます。

第3室には水星天王星太陽があります。

爆発事故・異常事態・物事の改善・作家死亡という形になっています。

第5室は火星と月が入っています。俳優の不幸ということになっております。

第7室は冥王星が入っております。同盟国の状態の変化が考えられます。また、条約などに関することでも変化があったかもしれません。

第8室は海王星が入っています。薬物死・自殺などという変死を意味しています。

第10室に土星が入っています。社会のトップのスキャンダル・失敗・不幸を意味します。

第11室に木星が入っています。財政改善・リコールがありますから、内閣改造が行われた可能性があります。

コメントとしては、ほぼグランドクロスが存在して、何らかのことでよくないことが考えられます。

MCとICの軸には土星が絡んでいますが、8度の幅があり、地震とみなすには、不十分と考えます。

なお、一室と4室の境界線は両方とも火の星座なので暑かったことが予想されます。

 

歴史年表によると、1923年の出来事は、9月に関東大震災。このとき戒厳令が発動されています。

5月に第一次共産党事件がありました。12月に皇太子の狙撃事件があり、山本内閣が総辞職しました。

中国が21箇条の廃棄を要求し、日本が拒否しました。この頃、不況が慢性化し、独占資本の形成がなされていった様です。

競馬法が公布され、日本労働組合連合会が結成されました。

東宝映画株式会社創立。日比谷音楽堂落成。海外では孫文が大元帥となりました。

 

評価

 

 明確に地震が起こるとは判断できません。ただし、国体に障害があるとは容易に考え付くと思います。

 関東大震災直前の新月図を見ると、第5室に星が集まり、重なっています。

 日本とは限りませんが、地震や大事故があっても納得がいく星図です。

 皇太子の狙撃は、10室の土星と考えますが、金星と120度で完成しませんでした。

 11室の内閣改造は、総辞職という形で現れています。

 条約に関することもあったのですが、近くの状態を考えると、あたりというのは難しい状態です。

 

 参考に8月の新月図を載せますが、この他にも、地震に関する天体現象があったかもしれません。

 ただし、この春分図のみで、関東大震災を予見するのは難しいと思います。

 








トップへ
トップへ
戻る
戻る



Copyright(C)2004-2017 SAC. All rights Reserved.