1936年の春分図



春分図の100年

春分図の100年

 

2.26事件

 

2.26事件は、1936年の2月26日に起こりました。見るのは春分図なので、前年の1935年を見てみて、後に1936年の春分図も参考にしたいと考えます。

 

1935年の春分図

 

 





春分図の100年

 

 

第3室に水星と土星があります。作家の死亡と冷戦が出ていますので、外交問題などで危険な状態だと考えます。

第4室に太陽があります。政府はいろいろと問題を抱えていると考えます。

第5室に金星と天王星があります。相場は大きく変動してインフレ等が考えられます。

第8室に冥王星があります。

第10室に海王星があります。社会主義の拡大(国家主義の拡大)

第11室に月と火星があります。紛争と変化があることを考えられます。

第12室に木星があります。支出の拡大が予想されます。

コメントとして、水星と土星、金星と天王星などはほとんど零度の位置で、特別な意味があるかもしれません。

第4室の境界線は水の星座なので、台風や水害の可能性があります。

 

相沢事件(陸軍軍務局永田鉄山刺殺)。

ソ連より北満州鉄道譲渡の協定成立。

ロンドン軍縮会議。日本・カナダ通商会議。ロンドン軍縮会議脱退。

東北凶作地の娘の身売り問題化。

芥川賞・直木賞創設。

 

コメントとしては、世界の軍縮の流れに逆らう日本があり、8室の冥王星が、見えないところで動く力や暗殺を感じさせますが、2.26のような事件を読み取るのは難しいです。

第6室のルーラーの金星が天王星と合して、軍部や社会サービス部門が、革命思想に染まったと考えることは可能です。

また、2.26の将校は、「陛下の近くで、陛下の考えを曇らす悪臣を誅す。」というわけですが、第10室の海王星は、陛下の親政に疑問か、政治家など上部階級に対する不信が考えられます。

 

 

 

1936年の春分図

 

 





春分図の100年

 

 

第1室に月・金星・水星・土星・太陽があります。特に土星は第7室の海王星と180度の角度をとっています。

国民、国民感情に大きな重さが載っています。国家の威信と国民の貧困が大きな問題となっていると考えます。

第2室に火星と天王星があります。財政損失と株式の暴落が考えられます。

第6室に冥王星があります。雇用・サービスなどに変化があると考えます。

第7室に海王星があります。外国の裏切りという象意です。外国の裏切りによって、第1室の土星の国民の貧困が考えられます。

第10室に木星があります。権威の拡大があります。

コメントとしては第4室の境界線、第1室の境界線ともに風の星座ですので、台風の災害が考えられます。

軍隊による国家主義がだいぶ強くなっていると考えます。

 

2.26事件(斎藤実・高橋是清等暗殺される)東京に戒厳令。

陸海軍大臣現役制復活。陸軍航空兵団新設。米殻自治管理法公布。

大本教・人のみち教団検挙。メーデーの禁止。

浅間山爆発。

ベルリンオリンピックに出場。

西安事件(蒋介石監禁さる)。ドイツ、ラインラント進駐。イタリア、エチオピアを併合。

 

2.26事件は、この星図の前に起こっていますし、流血の事件を読み取るのは問題です。

第1室に星が集まっているのは、ベルリンオリンピックに対する国民感情の高揚と考えます。

世界の軍縮の流れを嫌い、動き出した日本は、現役の軍人を政治の場に送り込みました。

軍予算の拡大がはじまると考えます。

 

外国の裏切りというのは、この時期、戦争に繋がりました。

翌年の1937年に日中戦争が始まります。





トップへ
トップへ
戻る
戻る



Copyright(C)2004-2017 SAC. All rights Reserved.