1939年の春分図



1939年の春分図

1939年の春分図

 

ドイツ軍ポーランド侵入 第二次世界大戦起こる

 





1939年の春分図

第2室に火星があります。第5室の太陽と90度の角度をとっています。株式の暴落のことをしめしていると考えられます。

第3室に金星があります。金星は第6室の天王星と90度の角度をとっています。芸術家の講義・反乱などと考えられます。

第4室に木星があります。第10室の海王星と180度の角度をとると考えます。地震があると考えます。

第5室に太陽・月・水星・土星があります。出生率の低下や国民の娯楽に関して不健康さが考えられます。訴訟も多いと考えます。

第6室に天王星があります。混乱や反乱が考えられます。

第9室に冥王星があります。29度なので、中国や他の国との関係(条約など)が終了することをしめしています。

第10室に海王星があります。国家主義の拡大というふうに考えます。

 

 

政友会分裂。

ノモンハン事件。

ホロンバイル越境事件。

欧州戦争不介入の声明。

金製品強制買い上げ実施。

軍用資源秘密保護法公布。

賃金統制令・価格統制法。

国民登録制度施行。

従業員雇入制限令・工業就業時間制限令公布。

 

 

第一次世界大戦はドイツ軍のポーランド侵攻から開始されたことになっております。

冥王星の29度は旧体制の変化を示すと考えます。

また、間違えがありました。金星と土星は90度でなく、60度です。

芸術は、戦争を嫌ったのではなく、賛美したと思われます。

また、海王星、木星の180度は、国民・軍部は幻想を見、新しい流れに乗ろうとしたと考えます。(バスに乗り遅れる)

6室か7室にある天王星ですが、同盟国の暴走です。

2室の火星は0度で戦時経済の開始と考えます。

5室に星が集まって、国民に対する軍事教育が行われ居ていると考えます。

地震は記録に無いのでハズレと考えます。

 

はっきりとは、第一次大戦のことは出ていませんが、時代の変化の兆しが感じられます。

 






トップへ
トップへ
戻る
戻る



Copyright(C)2004-2017 SAC. All rights Reserved.