1940年の春分図



1940年の春分図

1940年の春分図

 

日独伊三国軍事同盟調印

 





1940年の春分図

第1室に水星があります。水星は第8室の海王星と180度の位置にあります。リストラや首切り。免職による自殺が考えられます。

第2室に太陽と木星があります。財政は非常によく改善すると考えられます。

第3室に土星・金星・天王星・火星があります。冷戦・爆発事故・交通機関の事故などが考えられます。

第6室に冥王星があります。冥王星と土星は90度の角度をとっています。軍隊の方針が変わったと考えます。

第7室に月があります。外交に一括性がなく、行き当たりばったりで変化が多いと考えます。

第8室に海王星があります。自殺・薬物死があるので、暗殺の可能性があります。

 

 

社会大衆党分裂。

政友会両派解党。

民政党解党。

大政翼賛会創立。

紀元2600年式典を挙行。

日本タイ友好条約調印。

日中国交調整交渉。

仏印進駐。

ぜいたく品禁止令。

小麦粉米殻砂糖配給制統制規則公布。

国民厚生金庫創立。経済新体制要綱を発表。

大日本農民組合解散。

ダンスホール閉鎖。

国民服制定。

全国に、隣組を組織。

大日本産業報国会創立。

東京オリンピック中止。

新協劇団等解散命令。

フランス軍降伏。

ロンドン大空襲。

 

国民の財産を搾取し、配給を実施すれば、政府の国庫自体の歳入はよくなります。

ただし、国民は悲鳴を上げます。

第1室の水星は間違えで2室でした。

海王星と180度ということで、歳入の増収に幻想を抱いていたか、同盟国の資金を当てにして、収入に幻想を抱いていたと考えます。

第3室は微妙なところで、冷戦がでています。

細かい状況は、前年度を考えながら見れば、結構矛盾は少ないのですが、

日独伊軍事同盟は、それほど重く出てはいないでしょう。

 






トップへ
トップへ
戻る
戻る



Copyright(C)2004-2017 SAC. All rights Reserved.