1941年の春分図



1941年の春分図

1941年の春分図

 

太平洋戦争開始





1941年の春分図

第3室に冥王星があります。交通通信に関して変動があることを考えられます。

第5室に海王星があります。海王星は金星と180度の角度にあり、女性がらみのスキャンダル、スパイ行為等が考えられます。

第8室に月と火星があります。事故火災による有名人の死亡が考えられます。

第10室に水星があります。皇族の旅行とスキャンダルのニュースです。

第11室に金星と太陽があります。国会が騒ぎ議員が死亡します。

第12室に土星・木星・天王星があります。事件が多発して支出の拡大があり、経営不振や債務不履行が起こります。

コメントとしては、火星と天王星と海王星がグランドトリンを作っています。金銭上の解決を図って革新的な方法(不意打ちなど)進んだと考えます。

日本が、真珠湾に奇襲をかけたことに関して、それなりの計算があったと考えます。

 

大日本興亜同盟結成。

東条内閣成立。

米国・英国、海外の日本資産凍結。

真珠湾攻撃。

マレー沖海戦。香港攻略。

タイ経済協定。

コレヒドール島占拠。

珊瑚会海戦。

ゾルゲ事件発表。

生活必需物資統制令公布。

大日本青少年団結成。

戦陣訓。

国民学校令公布。

言論出版等臨時取締法公布。

関門海底トンネル開通。

映画法公布。

 

第3室の交通の話は、関門海底トンネルの開通と考えられます。

第5室の女性がらみのスキャンダルとは、ゾルゲ事件でしょう。

国の方向を統一するために暴力も使われたと思われます。

真珠湾の奇襲についても、宣戦布告についても、はっきりは出ていませんが、ゾルゲ事件とか、星からのメッセージはあったと考えます。






トップへ
トップへ
戻る
戻る



Copyright(C)2004-2017 SAC. All rights Reserved.