1945年の春分図



1945年の春分図

1945年の春分図

 

日本の敗戦と原爆投下

 





1945年の春分図

第1室に天王星があります。ストを意味しますが、社会のインフラが問題を生じ、いろいろと動かないところが出てきたと考えます。

第2室に月と土星があります。変動と不景気を意味しています。土星は第11室の太陽、第5室の海王星と90度の角度にあります。

統制経済を行っているが、問題であるということをしめしています。

第3室に冥王星があります。

第5室に木星と海王星があります。教育・宗教問題、犯罪などをしめしています。

第10室に火星があります。戦争・内戦・クーデターの位置です。

第11室に太陽があります。人員の死亡や国会がキビシイ状態になっています。

第12室に水星と金星があります。公共機関のスキャンダルや横領の発覚などがあります。

コメントとしては、いささかこじつけになるが、上昇宮が牡牛座29度にあり、国民は戦争に終わりを告げる。

ICMCの軸がらみに冥王星があるので、核の可能性がないわけではない。

第10室の火星は、戦争と同時に空爆を意味していると考える。

通常の占星術の方式では、戦時下の解釈は難しい。

 

 

 

 

 

大政翼賛会解散。

ポツダム宣言受諾。

米軍、沖縄上陸。東京夜間大空襲、大半焦土と化す。

ソ連を通じ和平交渉の提案。

広島・長崎に原子爆弾落とされる。

ソ連 日本に宣戦布告。

国内資金調整規則公布。

銀行合同、日本貯蓄銀行創立。

手形交換所解散。証券取引所中止。主食配給切り下げ。

国民義勇隊結成。

軍事特別措置法公布。

国民の経済生活マシン状態。

熱田神宮、空襲により炎上。名古屋城空襲により焼失。明治座・歌舞伎座・文楽座と焼失。

ヤルタ会談。

ベルリン陥落。ドイツ無条件降伏。

国際連合憲章なる。ポツダム宣言。

 

 

 

終戦の詔書。

大本営廃止。

特別高等警察・治安維持法廃止。

日本社会党・日本自由党・日本進歩党結成。日本共産党再建。

新選挙法公布。近衛文麿自殺。

降伏文書調印。

戦犯容疑者逮捕。連合軍極東委員会設置。政治犯釈放指令。

電力統制の廃止撤廃。

証券市場再開。

財閥解体の指令。農地改革の指令。第一陣農政改革。

インフレ傾向始まる。

大日本産業報国会解散。

全日本海員組合結成。

読売新聞スト。

労働組合法公布。

選挙権、男女同権決定。

石炭危機のため国鉄の一部運休。

闇市の全盛。都会人の就職買い出し。

戦時教育令廃止。

日本言論報国会解散。

軍国主義教育者罷免指令。

占領軍検閲制実施。

新聞法。言論集会出版結社等臨時取締法廃止。

神社と国家の分離指令。宗教団体法廃止。

ニ科会再建。行動美術協会創立。

大阪歌舞伎座開場。

東京芸術劇場結成。

ソ連軍全千島占領。

中国・国境内戦始まる。

国際連合成立。ユネスコ成立。モスクワ三国外相会議。

 

 

歴史年表をみても、8月15日までと、後では大違いです。

春分図は、最初のころを示していたと思います。

東京は空襲によって、焼け野原になり、戦争状態を10室は告げています。

国内の機能の低下、金融関係のスランプと打開策などは的中したかもしれません。

しかし、原子爆弾の投下を第1室の天王星にとるのはムリがあると思います。

 






トップへ
トップへ
戻る
戻る



Copyright(C)2004-2017 SAC. All rights Reserved.