1950年の春分図



1950年の春分図

1950年の春分図

 

朝鮮戦争





1950年の春分図

1950年の春分図

 

第1室に冥王星があります。冥王星は第7室にある金星と180度の角度にあります。女性の選挙権に対する変化変動が考えられます。

第2室に土星があります。不景気をしめしています。

第3室に火星・海王星があります。交通機関の事故と損害を意味しています。

第7室に金星・木星があります。公共のスキャンダルと著名人の結婚の話があります。

第8室に水星があります。移民者のことでニュースがあると考えます。

第9室に太陽・月があります。外交・通商上の混乱・問題があったと考えます。

第11室に天王星があります。議会の暴走と外交上の問題、危機があります。

太陽・天王星・火星は、90度・180度の角度にあります。不景気が考えられます。

MCICの軸に月が絡まっています。国際的に変化がある国と考えられています。

 

地方政治軍政より離れる。

民主自由党、自由党と改称。

公職選挙法公布。

警察予備隊設置。

第一次追放解除1万94名。公官庁のレッドパージ(共産追放)始まる。

日本の国際会議への参加許可。日本のマグロ漁区拡張許可。

日本共産党中央委員追放指令。小倉市黒人兵暴行事件。

民間輸出始まる。石炭鉱業管理法を廃止。住宅金融公庫法公布。

朝鮮動乱。特需が増大。外国為替管理法公布。

5.30事件。総評結成。全労連に解散命令。川崎競輪騒乱事件。

熱海大火。ジェーン台風。北朝鮮スパイ事件。京都駅全焼。

文化財保護を公布。金閣寺消失。

朝鮮戦争起こる。

 

 

年表によると、祖国はやっと、軍政から離れることができたことになっています。

 公職選挙法が公布されたということは、まともな選挙が始まったと考えます。終戦時に男女平等が確定していたわけですが、やはり最初は違和感、問題があったと考えます。

 警察予備隊(後の自衛隊)の設置は、米軍の要請でもありましたが、資金的には無理があったように考えます。

 追放解除やレッドパージの開始は、天王星の0度(はじまり)と考えます。

 悪い角度なので、あまり良いとはいえないでしょう。

 火事は、火星と太陽の180度で考えられます。

 朝鮮の動乱は、はっきりと出ていませんが、外交の危機や、議会の暴走などで少し匂う程度かな。また、冥王星が第1室にあるのも可能性としてあります。

 朝鮮と日本との距離的な近さから、朝鮮半島では戦闘的気分があったことは考えられます。

 明確に特需で経済が持ち直すことは現れていません。






トップへ
トップへ
戻る
戻る



Copyright(C)2004-2017 SAC. All rights Reserved.