1964年の春分図



1964年の春分図

1964年の春分図

 

東京オリンピック





1964年の春分図

第3室に土星があります。冷戦という意味ですが、29度にありますので、冷戦の終了も考えられます。

第4室に火星・太陽・水星があります。政府の諸問題を示し、事故や火災、地震の可能性もあります。農作物の不振の問題もあります。

第5室に木星と金星があります。教育・宗教の問題と出生率の増大が考えられます。

第7室に月があります。外交上の問題を考えます。

第9室に天王星と冥王星があります。船舶が爆発するような問題があります。

第12室に海王星があります。国家主義的方法が増大していると考えます。

 

 

農地法商法・林業基本法成立

米国原子力潜水艦の日本寄港受諾

佐藤内閣成立

公明党結成

日本共同証券会社発足

大日本紡績にニチボーとして新発足

三菱重工業合併新発足

日本特殊鋼倒産、会社更生法適用

この年、企業倒産増大

 

全日本労働総同盟発足

 

新潟地震

山陽地方集中豪雨。

東京の記録的猛暑と水不足、

琵琶湖大橋開通。

羽田空港・浜松町間モノレール開通

宇宙航空研究所発足

富士山レーダー完成

東海道新幹線開業

 

東京国際オリンピック開く

 

 

 金星の位置が微妙で、5室にあるのか、6室にあるのかがハッキリしない。

 でも、境界近くにあるために、5室にも6室にも影響があっても不思議でない。

 9室の船舶の爆発は、ありませんでしたが、原潜がやってきました。

 企業の倒産によって、国家に吸収される場合、社会主義的技法の増大としています。

 4室の火星は事故・火災ですので、おおかた当たっているでしょう。

 3室の土星による交通関係の問題はハズレと考えます。

 5室に吉星の金星と木星が入ったことが、スポーツ・教育に効果大のオリンピックを示しています。

 






トップへ
トップへ
戻る
戻る



Copyright(C)2004-2017 SAC. All rights Reserved.