1972年の春分図



1972年の春分図

1972年の春分図

 

沖縄返還





1972年の春分図

第1室に海王星があります。社会主義の台頭を考えます。

第2室に木星があります。財政の改善が考えられます。

第5室に太陽と水星があります。投資の増加が考えられます。水星は第11室の天王星と180度の角度にあります。通信や法律上の不備で問題損害が生じます。

第7室に金星、火星、土星、月があります。外交問題は難題が考えられます。戦争の危機も考えられます。第1室の海王星と土星が180度の角度にあり、ヤミ取引の可能性もあります。

第12室に冥王星と天王星があります。議会の暴走と国交の危機が考えられます。

第7室に星が集まり、全体的に外交や国際上の問題が考えられます。冥王星が天秤座の〇度にあり世の中が変わり始めています。

 

 

沖縄復帰。沖縄県復活。

田中内閣成立。日中国交正常化なる。衆議院解散。

モンゴルと国交樹立。フランスと原子力平和利用協定調印。

別子銅山閉坑。全国農業協同組合発足。低金利時代。

交通ゼネスト。国鉄、二次にわたり3万8000人大量処分。

連合赤軍浅間山荘事件。

初の環境白書発表。国立大学の授業料約3倍の値上げ。

早稲田大学構内リンチ事件。

飛鳥高松塚古墳壁画発見。

山陽新幹線岡山迄開通。本田技研、低公害エンジンを開発。

川端康成自殺。

ニクソン中国訪問。東西ドイツ基本条約調印。

 

 

世界でも珍しい、無血で領土を返還させたという事実。

しかし、星図では、戦争の危険まで感じさせるような、危険な位置を示しています。

田中内閣の成立といずれの問題は、11室の状態が示していると考えられます。

沖縄返還は2室の木星により、経済に拡大とも取れないわけでもないわけですが、

そのまま取ると、沖縄返還のメリットばかりでなく、デ・メリットもかなりあって、期待ほどではない事が考えられます。

時代の変化は、冥王星の0度ですが、学生運動のエスカレートから赤軍事件で、一般大衆が学生運動に嫌気をさすことが考えられます。

結論としては、春分図からは、沖縄無血返還は読み取りにくく、学生運動のエスカレートから、暴走、危険な状態を表していると思いやすいです。






トップへ
トップへ
戻る
戻る



Copyright(C)2004-2017 SAC. All rights Reserved.