1985年の春分図



1985年の春分図

1985年の春分図

日航ジャンボ機墜落





1985年の春分図

第1室に海王星と木星があります。社会主義が強くなり、国家の威信を保つことがあると思われます。

第3室に月太陽水星金星があります。通信や交通に良いニュースがあったと考えます。芸術家や作家で亡くなる人がいると思われます。

第4室に火星があります。事故・火災・地震の可能性が大です。また、第10室の冥王星と180度の角度にあるために大量死の可能性があります。

第10室に冥王星があります。TOPの死亡が考えられます。

第11室に土星があります。行政の変動や政府の難題が考えられます。

第12室に天王星があります。事件多発を意味します。

第4室の境界線が火の星座で、第4室に火星もあります。暑い夏になると考えます。

 

改正国民年金法成立

首相・閣僚の靖国神社公式参拝、

円安に261円

日米通商摩擦激化

為替市場協調介入合意

 

日本電信電話(株)・日本たばこ産業株式会社発足

三光汽船倒産

 

男女雇用均等法成立

大鳴門大橋、開通

舶来有害ワイン問題起こる

日航ジャンボ機墜落事故、死者522

ロサンゼルス疑惑の三浦和義逮捕

桜島南岳連続噴火

科学万博つくば85開幕

両国国技館復興

イラン・イラク戦争再燃、ダッカのサイクロン大被害

メキシコ大地震

 

 

 このホロスコープは、今になってみれば、大量死発生の危険を表しています。

 主になるのは、火星と冥王星ですが、他の室にも、死亡のことが載っています。

 ほかにも、テロリストか社会主義の拡大(国営企業)なども散見できます。

 ホロスコープは議会の苦しさや、政府の悩みも語っていますが、結構、明るいニュースが多いです。

 ただし、このホロスコープは、星から重大なメッセージを受け取ると言う、当初の春分図の目的を完成させているといえます。

 






トップへ
トップへ
戻る
戻る



Copyright(C)2004-2017 SAC. All rights Reserved.