1995年の春分図



1995年の春分図

1995年の春分図

 

 オウム真理教と阪神淡路大震災





1995年の春分図

第2室に火星があります。株式の暴落が考えられます。

第5室に月と冥王星があります。教育問題と株価の暴落が考えられます。

第6室に木星があります。公衆衛生・軍事費の拡大が考えられます。

第7室に海王星があります。外国の裏切りという意味です。

第8室に天王星と金星があります。突然死・変死が考えられます。関係国は調和します。

第9室に水星と土星があります。貿易のニュースと船舶の問題が考えられます。

第10室に太陽があります。皇族のニュースが考えられます。

 

 

東京都知事、青島幸男

自民党総裁、橋本竜太郎就任

沖縄米兵少女暴行事件

コスモ信用組合、経営破たん

兵庫銀行・木津信用組合経営破たん

住専8社の不良債権8兆円を超える。

大和銀行米国で、巨額の損失

阪神淡路大震災

東京地下鉄サリン事件

オウム真理教の強制調査

東京都知事、世界都市博中止を決定

文部省いじめ対策で欠席容認

小中学生の不登校8万人を超える。

中国地下核実験

 

 春分図が示すころ、地下鉄サリン事件が起こっていたと考えます。

 しかし、なかなか絞り込むのは難しいものです。火星が少し前に海王星・天王星と180度の角度を取り、何らかの問題はあったでしょうが、その程度の星図は沢山存在するので、占星術の証明にはなりません。

 事実と照らし合わせると、金融機関の破綻、問題が、第2室の火星が示しているようです。

 また、円高もあり、大和銀行は米国の裏切りで撤退したと考えられます。

 参考までに新月図をあげて、阪神淡路大震災を思い出し、犠牲者の冥福を願いましょう。





1995年の春分図

 この新月図は、蝕であり、いつもより力が強いはずです。

 火星と土星が180度ぐらいになる状態が何ヶ月も続いていました。

 冥王星と火星が90度ぐらいで、大量死の可能性があります。

 4室に木星があります。

 何処と特定はできませんが地震の可能性はあったわけです。

 また、正確には2月からですが、東洋運命学では、五黄土星の災害の年回りです。

 冥王星が29度というのも気になります。

 

 次にオウム真理教関係です。





1995年の春分図

 3月の新月図です。

 犯罪を示す第12室には星がなく、なかなか読みにくいです。

 国土を示す、第4室に金星が、天王星と0度の位置にあります。

 金星は1室と8室のルーラーですが、1室(国民)が天王星(ガス)に会う。

 とか、国土が海王星(毒)に汚染されるとか、暗示はありますが、とても事前に見てもサリンが撒かれるとは考えられません。

 さて、この少し前でしたが、木星に彗星が衝突すると言う1000年に一度という椿事がありました。

 何が起こるかわからなくとも、天体は何かを告げているものと考えます。

 





トップへ
トップへ
戻る
戻る



Copyright(C)2004-2017 SAC. All rights Reserved.