アメリカ合衆国とプライムローン問題



アメリカ合衆国

アメリカ合衆国とプライムローン問題

 

乙亥

丙子

丙申

甲午

 

 プライムローン問題などで、色々と心配になった人が多い?かもしれません。

 米国の運勢は確かに世界の経済に大きな影響を与えます。

 米国がどうなるかということや、株や為替など細かいことは占星術でみるのが正しいと考えますが、ホロスコープの作成時間でも色々と議論があります。

 米国の誕生日は約200年前に独立宣言書のサインが終了した時間ということになっています。

 当時、米国の議員は、フリーメースンの会員の指導で真夜中から、サインを始めたとされています。(四方山話 「米国の建国は」を参照のこと)

 そして、サインをし終わったときを基に作られたのが、知られている米国のホロスコープですが、数十人もの議員の中に、事情があって米国にいなかった人がいたと言う話があります。

 その人は、かなり遅れて帰国して、何日も遅れてサインをしたと言う話です。

 真偽もはっきりしませんが、その人がサインした時間のホロスコープを基にすべきと言う意見です。

 どちらが正しいかは、研究者に任せて、楽しみに待つとして、時間がはっきりしなくても国の未来を大雑把であっても見ることができる子平天人法を使って、観てみましょう。

 

最初に出した四柱は米国の運・世・年・月の干支です。

 

乙亥   印綬 正官 絶

丙子   比肩 偏官 胎

丙申      偏財 病

甲午   偏印 比肩 帝王

 

17761773   丙子 比肩   

17741803   丁丑 劫財   

18041833   戊寅 食神   長生

18341863   己卯 傷官   沐浴

18641893   庚辰 偏財   冠帯

18941923   辛巳 正財   建禄

19241953   壬午 偏官   帝旺

19541983   癸未 正官   衰

19842013   甲申 偏印   病

 

非常に説明しやすいならびかたです。

米国が独立して、胎・養・長生の期間、1833年ぐらいまでは、国としての調整期で、国内のこと、インディアンとの問題などで手一杯の状態と考えます。

続く沐浴・冠帯・建禄までの間が、発展期で、第1次大戦のとき、無傷の米国が貿易で大利を得ることができたとしても、無理がないと考えます。

1924年から1953年の間、第2次世界大戦もあり、身勝手さがある帝王の時期にありました。

核兵器を得て、偏官ですから、多少無茶なこともやり、後世の歴史家からはいずれ批判されることが出てくると考えます。

1954年から、1983年までは、正官の衰になっています。

実は衰退期なのです。ベトナム戦争で勝つこともできませんでしたし、ウォーターゲートとか、ドルの防衛事件もありました。

それでも、正官が回り、体裁は整えられて、かっこよくいられたと考えられます。

そして、1984年から今も、衰退期ですが、偏印が回っていますから、一部ではよくなるものがあります。

また、国民にとっては良いことがあるでしょう。

2013年以降も衰退期ですが、読者が研究するように、作っていません。

さて、丙申を日の柱に持つ人の年運を見るように、米国の最近の年運を見てみましょう。

 

2001 辛巳   正財 建禄

2002 壬午   偏官 帝旺

2003 癸未   正官 衰

2004 甲申   偏印 病

2005 乙酉   印綬 死

2006 丙戌   比肩 墓

2007 丁亥   劫財 絶

2008 戊子   食神 胎

2009 己丑   傷官 養

2010 庚寅   偏財 長生

 

2001年は米国の大統領にジョウジ・ウオーカー・ブッシュ氏が就任した年で、

あの、同時多発テロで貿易センタービルが崩壊した年です。

 建禄であって、すぐに復讐に立ち上がらずに、手堅く準備を重ねました。

 2002年はアフガンを攻め、「悪の枢軸」という言葉が使われた年でもあったはずです。

 やはり、乱暴な偏官と身勝手な帝旺の組み合わせがあります。

2003年は、米英軍がイラクを攻撃し、占領をした年でした。

外見上うまくやったと正官がめぐり、あまり実利がないと衰があります。

2004年は、スペイン軍がイラク占領から撤退するなど少しづつ問題が生じ、テロも激化し始めました。

2005年と2007年は浪費の形になっていて、しかも衰運で、2007年末には、サブプライム問題は世界に影響を与え始めました。

2008年は、新大統領が決まる年ですが、産みの苦しみがある年です。

新しい意見を世界に発信するのではないかと考えます。

2009年は、新体制作りの為に何かを犠牲にする年でしょう。

 さて、サブプライムをはじめとする問題がよくなるかという疑問があるでしょう、米国の運勢は、長期で衰運であり、年運でも衰運で、根本的には難しいです。

 ただし、時々よくなったり、終わった思われる時期はたびたびあるでしょう。

 占星術と合わせて観察するのが面白いと考えます。






トップへ
トップへ
戻る
戻る



Copyright(C)2004-2017 SAC. All rights Reserved.