群式について その1



群式について

群式について その1

(企業や国、集団の見方)

 

 四柱推命は、人の運命をみますが、ルーツは淵海子平で、子平には集団や犬猫などの運命を見る方法があります。

 使う単位も皇極経世を使います。

 皇極経世の時間単位は、元・会・運・世・年・月・日・時・分・秒です。

 細かくは、別の機会に説明しますが、この時間の単位で四柱を作ります。

 一元は、129600年

 一会は、10800年

 一運は、360年

 一世は、30年

で、元・会・運・世でできた四柱は、文明の衰退を見るのに使います。

四代文明の特徴などを見て、その上に載っている国家との相性を見たりします。

文明の検証に興味があれば、研究してみてください。

 

国も企業も文明の尺度には及ばないので、国や企業の四柱は、運・世・年・月を使います。

 

 国のほうが企業より長生きのような気がしますが、そんなこともなく、企業は土地に縛られることなく、国際化が可能です。

 また、国家という概念がある前から、集団や邑は存在しました。

 これからも形態は変わっていくかもしれません。

 

 第2次大戦終了のドイツでは、企業の存続が危ぶまれたのは当然です。

 企業が存続していても、戦勝国にすべての資産を接収されてしまいます。

 たしか、米国のパスポートを持っていた人にタダ同様の値段で売却した話がありました。

 米国は戦勝国でしょう。ドイツに乗り込んだソ連でも、それが形式だけにしろ、米国人の所有になった企業を接収することはできませんでした。

 

 さて、最近の企業を観るには、100年ぐらいの昔の運・世があれば解ると思います。

 例外として、この前、企業活動を停止した、法隆寺を建てたと言う宮大工の企業などがあります。

 また、集団というと最低人数を3人としています。

 ともかく、群式としては、国も企業も同格ということです。

 ただし、国と企業の相性というのはあります。

 日本の企業が、日本の国と相性が悪いと、海外の相性のよい国に本拠を移してしまうかもしれませんね。

 

 さて、下に来たのは、年・月・日・時の人の命式です。

 この場合、時間というのが、2時間で1単位になっています。

 その時間の場合も、西洋占星術と同じように、地方恒星時間をみるのが良いようです。

 蔵干の関係で、日照時間を考慮に入れるという研究もありますが、まだ解りません。

 

次にくるのが、日・時・分・秒という単位の四柱で、これは、犬猫馬牛などをみるという話です。

 分というのが、私たちの使っている時間の4分が1単位で、秒は20秒で1単位です。

 競馬の馬や、ペットの生まれた時間をかなり正確に調べて、動物の運命を割り出すというのができるかどうかは実例も無いことで実際はわかりません。

 ただし、これだけ細かく時間の区切りを作る理由は、動物の寿命が短いということと、犬や豚など、生まれるとき複数ということがいえます。

 






トップへ
トップへ
戻る
戻る



Copyright(C)2004-2017 SAC. All rights Reserved.