ロシアの歴史と子平天人法



ロシアの歴史と子平天人法

ロシアの歴史と子平天人法

 

現在のロシアは、ブリックの1つであり、先日も新しい大統領が選出された、ソ連という国も、短い間になくなり、新政ロシアの運命はいかに。

 

大昔の建国を何時にするかは、難しく、研究家の仕事に期待したいと思うが、ロマノフ王朝の建国は、1613年と言うことになっています。

月は不明なので、三柱でみます。

四柱でないと、バランスがと言う人がいても、すでになくなった帝政ロシアです。

 

甲戌 食神 衰

辛未 偏印 墓

癸丑    冠帯

 

1613−1623 辛未 偏印 墓

1624−1653 壬申 劫財 死

1654−1683 癸酉 比肩 病

1684−1713 甲戌 傷官 衰

1714−1743 乙亥 食神 帝旺

1744−1773 丙子 正財 建禄

1774−1803 丁丑 偏財 冠帯

1804−1833 戊寅 正官 沐浴

1834−1863 己卯 偏官 長生

1864−1893 庚辰 正印 養

1894−1923 辛巳 偏印 胎

 

帝政ロシアが北方戦争などで、勝利してロシアの基盤を築いたのは、1700年代で、帝旺・建禄の運気が高い時期です。

日露戦争に破れ、第1次大戦中にロマノフ王朝からソ連に移行する時代は、新しいものが宿る胎(別のやり方では絶)です。

 

ソ連建国 1917年11月7日 

 

ソ連の10月革命は、表記が旧暦の10月25日だったが新暦では11月7日です。

 

乙亥 偏印 胎

辛巳 偏財 帝旺

丁巳    帝旺

庚戌 正財 養

 

1917−1923 辛巳 偏財 帝旺

1924−1953 壬午 正官 建禄

1954−1983 癸未 偏官 冠帯

1984−2013 甲申 印綬 沐浴

 

 最初から身旺で火の五行が強く、建国当初から、問題が多かったのだと思います。

 人類初の共産主義をめざした国家ですが、理想(胎)と力が反発し、軍事力や経済力と国土の広さの問題もあり、夭折の国運だったのでしょう。

米国や中国が存在しなければ、まだまだやっていけたかもしれませんが、世界の要求でもあって、人の年齢だったら30代で亡くなったと考えます。

身が強く、弱めたり、洩らしたりするのを好むところが、身を強める印綬が回って、国がなくなったと考えられます。

 

ロシア連邦 1991年12月26日

 

乙亥 偏財 沐浴

甲申 正財 帝旺

辛未    衰

戊子 印綬 長生

 

1991−2013 甲申 正財 帝旺

2014−2043 乙酉 偏財 建禄

2044−2073 丙戌 正官 冠帯

2074−2103 丁亥 偏官 沐浴

2104−2133 戊子 印綬 長生

 

ロシア連邦という名称が確立したのは、1992年の5月ですが、今回は、旧ソ連の崩壊の日にちを基に群式を作成しました。

 

五行の数、蔵干の数から、最強は木とし、年の金はそれに続き、土が弱く、他は最弱とします。

微妙な強さで、一応、身旺とします。

国際社会に、貿易立国、商業立国を目指します。

石油のみならず、林業・農業などの資源を基に伸びようとします。

国民は、知識・情報・人権を基に国に逆らう可能性があります。

 

これが当てはまらない場合は、

商業立国をめざし、貿易等を企て、世界に広がろうとするが、障害があって、ムダに金がかかります。

また、資本金なども不足しがちです。

良いことは、国の指導者が権威があり、言行が一致し、用心深いです。

国民は、知識・芸術に秀で、のんびりとすごします。

 

運気の流れは、2013年までは、ごり押し、無理をしながら、資本をためます。

2014年からは、資金の運用を行います。

しつかりとした時期なので、比較的うまくゆくと考えます。

 

さて、新政ロシアの舵取り役を見てみましょう。

 

プーチン大統領 1952年10月7日

 

壬辰3 印綬 正財 冠帯

己酉7 偏財 偏官 絶

乙酉9    偏官 絶

 

大運は乙卯で問題があり、年運はここ数年大変だったと考えます。

2005年は、乙酉で、伏吟

2006年は、丙戌の三碧木星で忙しかったと考えます。

 

今年は戊子の一白水星ですから、だいぶ楽になったと思います。

ただし、2011年ぐらいに天命殺もあり、次の変動の2014年をうまく乗り切れるか注目です。

 

メドベージェフ次期大統領 1965年9月14日

 

乙巳8 正財 偏官 長生

乙酉4 正財 比肩 帝旺

庚午6    正官 沐浴

 

大運も庚辰で、変わったばかりだと考えます。

比肩ですから、10年かけて、大統領に成るように変わっていくでしょう。

今年は戊子で対中がありますから、なかなか、大変ですが、当然の結果です。

来年も、まだまだ子供っぽいでしょう。

その次の年は比肩が回り、大統領らしく成るでしょう。

この方は、少々、臆病です。外観はだいぶ違いますが、気が小さいと思います。

また、本当は晩年の運ですから、もっと後にえらくなるべきだったと考えます。

 

 

 






トップへ
トップへ
戻る
戻る



Copyright(C)2004-2017 SAC. All rights Reserved.