2008年の春分図



2008年の春分図

2008年の春分図

 

 「春分図の100年」の実験をもとに、2008年の春分図を考えてみたいと思います。

 

 星図を見る限り、星図の右側に多くの星が集まり、どちらかといえば星図の上の方に星が多い感じになります。

これは、日本の国内事情よりも、世界の流れや事情によって、大きく影響する形と考えます。

まず、第1室に土星と月があり、上昇宮は獅子座です。

第1室の支配星太陽は、もちろん牡羊座にあり、第8室に入っています。

第1室の獅子座ということを考えると、1年を通じて国民はスポーツや観劇に興味をもつと考えます。

今年は、北京オリンピックの年でもありますので、スポーツの話題で盛り上がる可能性があります。

第1室に土星があると、象意は国民の貧困ということになっておりますので、メダルの数はなかなか期待の数は取れないと考えられます。

また、現時点では、世界的な小麦の値上がりの予測があり、生活に多少の問題があるかもしれません。

ただし、第1室に月が入っていますので、生活の変化や工夫によって、緩和する可能性があると考えます。

 

第2室は星がありません。第2室の境界は乙女座にあるので、水星の1を見ますと第7室・魚座にあります。

水星は、吉星の金星と2度の位置にありますが、土星と180度近い位置にあります。

国家の財政状態は、短期的には多くの税収を得られるかもしれませんが、長期的には苦しい形をしめしています。

 

第3室も星がありませんので、第3室の境界は天秤座ですので、第7室の金星・魚座を見ます。

ほとんど合に近い2度の水星は、通信や旅行が盛んになることを暗示していると考えます。

ちょっと前に1ドルが100円を割りましたから、海外旅行に有利になるかもしれません。

 

第4室にも星がありません。第4室の境界は蠍座ですので、第5室の冥王星・山羊座を見ます。

冥王星は第11室にある火星と180度に近い角度にあります。

起こるかどうかはわかりませんが、原子力発電所などの事故の可能性が考えられます。

もしくは、冥王星が山羊座ということで、農業改革や地下貯蔵物や地下に埋め込んだ廃棄放射性物質などの問題が可能性として考えられます。

なお、1年の気温を考えると、第4室の境界は蠍座で、第1室の境界は獅子座で、第1室には土星と月があります。

これらのことを考えると、どちらかというと涼しい年になりますが、真夏・真冬には酷という字がつく天候がめぐることがあります。

 

第5室は境界線が射手座にあります。射手座のルーラーはその第5室・山羊座にあります。

第5室には別に冥王星が入っています。

第5室が示すマーケットと教育問題は、大きく変化が予想されます。

現時点で、米国のサブプライム問題による不利な変動も、冥王星の影響の一部と考えます。

木星が第5室に入っているので、農業や土地、政治の安定などの方法でマーケットは活性する可能性があります。

 

第6室に星は無いので、第6室の境界・山羊座のルーラーである土星を見ますと第1室・乙女座にあります。

多くは、雇用の問題ですが、女性や知識層には不利な形になっており、新しいし仕事・ビジネスを行う人には有利になっています。

 

第7室の境界は水瓶座になっています。

第7室には海王星が境界近くにあり、水星と金星もあります。

日本の国の貿易の関係国を考えてみて、海王星から、船積み便の汚染が考えられますから、中国の食品の毒による汚染と見ることができるかもしれません。

水星と金星があるということも考えて、米国の大統領選が絡むとも考えられます。

また、魚座にある天王星はなかなか微妙な位置にあり、海上のことで新しい提案をする可能性があります。

 

第8室は、同盟国の国庫を示したりしますが、天王星と太陽があります。

大きな変動があるかもしれませんが、太陽が入っているので新しく始めることは力強く期待が持てます。

ただし、対応は冥王星とほぼ90度の角度にあるために摩擦が大きいと考えます。

 

第9室は日本国の貿易や外国のことを示しますが、星がないので第9室の境界線・牡羊座のルーラーの火星を見ます。

火星は第11室・蟹座にあり、冥王星と180度、太陽と90度の角度にあります。

日本は巻き込まれないことを願いますが、戦争や紛争が考えられます。

 

第10室に星がないので境界・牡牛座のルーラーの金星を見ます。

日本の首相や偉い人は、国民の貧困の問題や特許の問題で苦労するかもしれません。

皇室に楽しい話もあるでしょうが、女性の方々には恐れ多いことですが、苦しいことがあるかもしれません。

 

第11室に火星が入っています。議会は大きくもめると考えられます。

 

第12室に星がありませんので境界・蟹座のルーラーの月を見ます。

月は第1室にありますので、国民の問題ということです。

 年金問題、失業者問題、細かいことに神経質になりすぎて、本質を見逃しやすいなどの問題が考えられます。

 

なを、冥王星の山羊座イングレスや、来年の天王星と土星の180度の問題も考えて、観察すべきです。

 





トップへ
トップへ
戻る
戻る



Copyright(C)2004-2017 SAC. All rights Reserved.