平成24年 ついている人 いない人



平成17年 ついている人 いない人

 昨年は、東北地方で大津波があり、被災された方も見ておられるかもしれません。

 しかし、大災害時には、個人の運勢は押しやられて、国家の運命に引きずられます。

 被災された方は、早く絶運帯を抜けなくては、一般の運気の見方は使えません。

 周りの方たちの為にも、元の運気に戻すように生命力・生活力を上げるように頑張って下さい。

 

今年(2012年)は壬辰六白金星の年です。

 

【晦気流年】

    丁酉

 

【伏吟】

    壬辰

 

【天戦地沖】

    丙戌

    戊戌

 

【天比地沖】

    壬戌

 

四柱推命の生まれ日が以上の人は気をつけてください。なを、自分ばかりでなく、配偶者、家族、同居人、お持ちの方は、妾・浮気相手も調べてみてください。仮に、周りの人が全て良くない場合は、厄払いをした方が良いと考えます。

 

次のかたがたは、多少、運勢が良くないかたがたですが、ちょっと注意すればよいと考えます。ただし、周りの人がすべて、悪い場合は、今年悪いことがあったときは、頼りにならないと心得て、自力で解決することを考えてください。

 

【空亡】

    甲午

    乙未

    丙申

    丁酉

    戊戌

    己亥

    庚子

    辛丑

    壬寅

    癸卯

 

【天命殺】

一白水星

二黒土星

 

生まれ年で簡単に見る気学のやり方は便利ですので、すこし見ていただいて、気になる方は、くわしく流年鑑定をされると良いと思います。同じ本命星でも、年齢により違いますから、注意が必用です。

※本命星の出し方は、生まれ年を西暦に直し、11から引くとでてきます。

※例19531+9+5+3181+8911-92

※例19911+9+9+1202+0211-29

※ただし、1月うまれ、2月3日までの生まれの人は、前の年に生まれたとします。

 

1          一白水星

2          二黒土星

3          三碧木星

4          四緑木星

5          五黄土星

6          六白金星

7          七赤金星

8          八白土星

9          九紫火星

 

【一番ついてない星】

        一白水星

        七赤金星

【次についてない星】

              二黒土星

 

【微妙な星】

              三碧木星

   四緑木星

              五黄土星

【少しついている星】

              六白金星

              八白土星

              九紫火星

 今年は、十二支の「辰」の年であります。

 昨年は、大津波ということもあり、原発の事故という、かってない問題がありました。

 「辰」は、季節では4月の春から夏に季節が変化する時期で、色々なことが急速に変化することがあります。

 うまく、この波を利用して、勢いに乗れば、思っている以上の成果を得られるのですが、変化が厳しいのと、タイミングの問題で、悪くでると中々たいへんです。

 

 さて、一白水星のひとは、天命殺に入りました。今年の2月ごろから急速に運勢が下がりますから、厄払いや、寒さ対策が必要です。

 度重なる事故(小さなことでも)によって、大事にならないように心がけて無理はしないでください。

 特に、高いところから落ちたり、落下物にも注意してください。

 また、人に頼ったり、他人任せは厳禁です。

 

 二黒土星の人は、昨年からの天命殺になっていますが、疲れが出やすいし、厳しさは、量的にも質的にも増加します。

 仕事面のことは、無理をせずに、控え気味にして、丁度いいのですが、資金不足や焦りから無理をすると健康上の問題を引き込みやすいという問題があります。

 人に助けてもらう場合にも、同時に調子が狂ったり、遠くに行っていたりで間に合わないことが考えられます。

 来年の2月まで、油断をせずに自制していってください。

 少しだけツキがありますから、年の終わりごろから、次の年の準備を進めてください。

 

 三碧木星の人は、天命殺を2月に明けます。

 前半は、疲れが出たりしますので、注意が必要です。

 これで、本当に運が上がってきたのかなと、いぶかっているうちになんとなく良くなっているのがわかります。

 なを、去年ぐらいまでに、病気になっている人は、少ししてから再検査をお勧めします。

 復調という場合も有れば、あきらめていた事も新しい治療法が出来たりしていたりします。

 仕事なども、新しい得意先や、新しい技術・道具を使うことによって、様変わりする可能性があります。

 

 四緑木星の人は、そろそろ次の段階とか、なんか良い道がないかと考えたりして、試しを行う年です。

 情報集めや、勉強を行っているうちに、新しい展望が開けたりもします。

 勇気を持って、一歩踏み出すか、もう少し待つかはそれぞれで時期が違いますがあまり、のんびりは出来ないでしょう。

 

 五黄土星の人は、昨年をどのように過ごしたかでだいぶ違いが有ります。

 昨年は、強運のところもあったでしょうが、今年は、ごり押しした人に急なシッペ返しがあります。

 運気は上り坂のはずですが、勢いに乗りすぎ、かなり手痛い目に合いやすい時期ですから、用心することです。

 また、注意してゆっくり動いているつもりでも、自分でも知らないうちにとんでもなく話が進んでいることもありますので小まめに反省してください。

 

 六白金星の人は、中々だいじなところに居ます。

 昨年は、順当に運が上がってきていたでしょうか。

 今年は、非常に忙しくなることが予想されます。

 昨年無茶をした人は、今年も忙しくなりますが、無茶のしすぎは他人に迷惑をかけます。

 人を結びつけたり、つないだりの重要な位置にありますが、他人とスピードが違っていて、思っているように行かないことが沢山あります。

 他人のことに口を出したり、干渉したりするのは僭越です。

 無理をしたり、無理をさせたりすると信用もなくします。

 注意もしてください。

 

 七赤金星の人は、昨年よりは活動力は落ちてきています。

 忙しく一緒に動いた人たちも、それぞれに動いているでしょう。

 去年のように忙しく動いても効率が上がらなくなったり、利益が出なくなっています。

 動く立場から、指導したり、相談に載る立場へと移ったわけですが、環境の変化というか、立場の変化に適用してください。

 特に気をつけることは、事故と障害です。

 怪我や突発的な病状に襲われた場合、中々直らなかったり、後遺症が残りがちです。

 思ってもなかったことがあって、予定が狂うこともあります。

 

 八白土星の人は、昨年のだいじな時期を上手く乗り切りましたか。

 今年は、楽しい事がありそうな年です。

 でも、油断しないでください。昨年をごまかしなく、上手に過ごした人には、文字通り楽しい年になりそうなのですが、人によっては楽しさが堕落とか、浪費、疲れにつながることもあります。

 

 九紫火星のひとも、今年の中ではツキがある人になっています。

 ただし、相対的に一番ついているのであって、盛運と言う訳ではありません。

 ですから、ツキにたよらず、順当に努力してください。

 普通の努力で、あせらず競争に勝てます。

 ラッキーに恵まれなくとも、普通に努力してそれだけの結果を得ることができる運ですから、無茶に賞をねらったり、高望みをして不運を招かないようにしてください。

 来年は天命殺なのですから、余力を残しておいてください。

 

※ なを、生まれ日の干支がわからない方は、毎日の運勢から、生まれ日の十干から見る毎日の運勢に進み、60干支と「生まれ日の干支番号はやみ表」について、生まれ日の干支番号早見表などを参考に割り出してください。







トップへ
トップへ
戻る
戻る



Copyright(C)2004-2017 SAC. All rights Reserved.