平成26年 ついている人 いない人



平成16年 ついている人 いない人

 

今年は甲午四緑木星の年です。

 

晦気流年              己未

伏吟                     甲午

天戦地沖              戊子

                            庚子

天比地沖              甲子

 

以上の人は気をつけてください。なを、自分ばかりでなく、配偶者、家族、同居人、

有る方は妾・浮気相手も調べてみてください。仮に、周りの人が全て良くない場合は、厄払いをした方が良いと考えます。

 

次のかたがたは、多少、運勢が良くないかたがたですが、ちっと注意すればよいと考えます。ただし、周りの人がすべて、悪い場合は、今年悪いことがあったときは、頼りにならないと心得て、自力で解決することを考えてください。

 

空亡                     甲申

                            乙酉

丙戌

丁亥

戊子

己丑

庚寅

辛卯

壬辰

癸巳

 

天命殺                  八白土星

九紫火星

 

生まれ年で簡単に見る気学のやり方は便利ですので、すこし見ていただいて、気になる方は、くわしく流年鑑定をされると良いと思います。同じ本命星でも、年齢により違いますから、注意が必用です。

       本命星の出し方は、生まれ年を西暦に直し、11から引くとでてきます。

           1953  1+9+5+318       1+89   11-92

           1991  1+9+9+120       2+02   11-29

       ただし、1月うまれ、2月3日までの生まれの人は、前の年に生まれたとします。

 

 一番ついてない星           九紫火星

次についてない星           八白土星

                                       一白水星

                                       三碧木星

 平星                            六白金星

                                          二黒土星

 少しついている星           七赤金星

 つき始めの星                  四緑木星

 ついている星                  五黄土星

 

今年は、30年ごとに来る「世」が替わる年です。

人の歴史とか、周りのことを見るのには、年でよいのですが、長い時間を観察するのに使う年の上の単位が「世」です。

ところが、星と比べると方向性というのがはっきりしてないこともあって、変化・変動の区切りという感じです。

日本も、伸び悩み感が出てきています。小手先の改革では効果が危ぶまれることもあります。

企業や業界なんかも、世界が小さくなって生き残れないものとまだ伸び栄えるものと分かれていくと思われます。

ここ、5年ぐらい掛けてこの先30年の流れが見えてくると思われます。

たんに、個人の運気の浮沈ばかりでなく、自分の所属している世界の興亡も気にかけて、より良い選択をするようにしてください。

 

さて、一白水星は、去年よりは良くはなってきていますが、運気としてはまだ低いほうで、競争するには弱すぎるし、無理は禁物です。

もし、何かやらねばならないときは、単独で何かすることは避けて、誰かのサポートを考えたほうが良いでしょう。

大したことではない場合でも、一年を通じて安易な状態が続くとは限りません。

二黒土星の人は、注意深く気をつけていればたいていは大丈夫です。

地合は決してよくありませんが、注意するとか、油断をしない、物事を甘く見ないという事で、難を避けたり、どうにか最悪をま逃れたりします。

ちょうど、馴れない新しい靴を履いたみたいで、気にしながら歩行するようなものです。

走り出すと、違和感を持つでしょう。

三碧木星の人は、要注意です。事故に遭いやすい星回りです。

運は上がってきて、仕事も増えてきますが、かなり危険なことや、見通しが利かないのにやらねばならないような事がでてきます。

危険だから避ける場合と、危険でも工夫をして前に進まなければいけないこともあります。

今年は、多少の覚悟で前に進むことが要求されます。

最後まで気を抜かないことと、突然の事故(交通事故や病気ばかりではなく)に備えることです。

四緑木星の人は、忙しくなると思います。

また、忙しくならない人は、何か道から外れたとか、出家とか修行とかそれなりの活動をしていないと益々大衆から外れて、変わった道に入り込んでしまいます。

四緑木星の木星は用材という意味がありますから、多くの人の役に立って意味があります。

働きすぎに注意してください。

五黄土星土星の人は、昨年は非常に忙しかったのではないかと思います。

不義理もせず、善意で過ごした人には、今年は良いことが待っています。

疲れて、元気が出ない人もいるかもしれませんが、力をセーブしながらチャンスを活かして下さい。

また、今まで続けていたことや、

チャンスも来ないという人は、幸運が何かに覆われて見つからないという事でしょう。

今年一番ついている星ですから、注意深くチャンスを活かしましょう。

六白金星の人は、ある意味で平和な年です。

ただし、驚くようなこともありますから、賢く行動してください。

楽しいこと、嬉しいことも多いですが、過ぎないようにだけ注意してください。

過ぎると、病気を誘い込む原因になります。

七赤金星の人は色々と良さそうな話が舞い込みます。

たいていは良い話なのですが、よくよく選択をしっかりしないと、後に大変なことになります。

八白土星の人は色々なことで切り替えとか、離脱とか、注意と決断を要求されます。

ついていない割に、勢いみたいなものがあって、一時期はさくさくと問題を解決できます。

ただし、元々、ついてないときなので調子に乗っていると手ひどく逆襲され、来年以降も響きます。

九紫火星の人は、今年が最弱のときになっています。

病気まで行かなくとも、調子が悪くなるかもしれません。ですから、注意が必要です。

少し気の回しすぎかと思っても、風邪に注意したり、食べすぎ飲みすぎにならないように気をつけたり、マスクを持ってでかけるとか。

また、注意しても調子が悪くなることがあります。

そのときには、少し厄払いが出来ると思って、早めに休むことです。

ついてない時、ダメなときは周期的にあるのですから、頑張るのはどうしようもない時だけにして、基本的に休み、骨休めにすることです。

また、決めた休日は絶対休むのも良いかもしれません。浮世の義理に流されず、必ず休むというのも結構、強い意志が必要です。







トップへ
トップへ
戻る
戻る



Copyright(C)2004-2017 SAC. All rights Reserved.