平成28年 ついている人 いない人



今年(2016年)は丙申二黒土星の年です

 

 

今年(2016年)は丙申二黒土星の年です。

 

【晦気流年】

    辛巳

 

【伏吟】

    丙申

 

【天戦地沖】

    壬寅

    庚寅

 

【天比地沖】

    丙寅

 

四柱推命の生まれ日が以上の人は気をつけてください。なを、自分ばかりでなく、配偶者、家族、同居人、お持ちの方は、妾・浮気相手も調べてみてください。仮に、周りの人が全て良くない場合は、厄払いをした方が良いと考えます。

 

次のかたがたは、多少、運勢が良くないかたがたですが、ちょっと注意すればよいと考えます。ただし、周りの人がすべて、悪い場合は、今年悪いことがあったときは、頼りにならないと心得て、自力で解決することを考えてください。

 

【空亡】

    甲戌

    乙亥

    丙子

    丁丑

    戊寅

    己卯

    庚辰

    辛巳

    壬午

    癸未

 

【天命殺】

六白金星

七赤金星

    

生まれ年で簡単に見る気学のやり方は便利ですので、すこし見ていただいて、気になる方は、くわしく流年鑑定をされると良いと思います。同じ本命星でも、年齢により違いますから、注意が必用です。

※本命星の出し方は、生まれ年を西暦に直し、11から引くとでてきます。

※例19531+9+5+3181+8911-92

※例19911+9+9+1202+0211-29

※ただし、1月うまれ、2月3日までの生まれの人は、前の年に生まれたとします。

 

1          一白水星

2          二黒土星

3          三碧木星

4          四緑木星

5          五黄土星

6          六白金星

7          七赤金星

8          八白土星

9          九紫火星

 

【一番ついてない星】

                      六白金星

【次についてない星】

七赤金星

                      五黄土星

                     八白土星

【微妙な星】

                      二黒土星

                      三碧木星

                      四緑木星

【少しついている星】

                      九紫火星

【ついている星】

                      一白水星

 

 昨年は、集団的自衛権の拡大解釈が可能となって、場合によっては自衛隊は友軍を守るため積極的に戦闘に加わることができるようになったり、TPPということで、国内産業は色々と不利・有利が生じると考えられました。

 また、横浜のマンションが傾くなどの事件があり後を引いています。

 また、中国の元首は積極的に欧米にでかけ、色々と今後が注目されます。

 

 今年の一白水星は1番ついている星になっています。

 それだけでなく、うまく気に入られれば、不利な状態も挽回できる形にありますし、新規蒔き直しが可能です。

 ただし、しっかり真面目に物事は進めるべきで、テンポの方は少々遅いかもしれません。

 ひとところだけに力を集中しても、自然の時間が必要なところもあります。

 進展の遅さを恨んでみても、年間を通してみればかなりの仕事をこなせます。

 

 今年の二黒土星は、非常に忙しくなることが予想されます。自分の実利に結びつかない雑用や、関係のない人同士を結び付ける仲人的な仕事も増えますが、来年以降の人間関係や情報収集に影響がでます。

 

 今年の三碧木星は忙しかった昨年の疲れを早めに回復させてください。

 なにしろ、新しいことが起こるとか、昨年からの流れで新しい環境が与えられるとかの星回りが来ています。

 いい物が起こるか、悪いものが起こるかは人によって違いますが逃げていると良くないでしょう。

 

 今年の四緑木星は変化の前のお休みの時です。

 来年が変化の時ですから、今までの事を整理したり、できなかったことを振り返って充実の時や、健康に留意したりするべきです。

 ただ、この場合の健康は、病気の検査・予防ではなく、元気に過ごせるように体力を鍛えなおすとか、トレーニングして基礎体力・能力をあげることを目指してください。

 

 今年の五黄土星は平穏から変化に移る時期ですから、注意が必要です。

 一年を通して、いつの時期かは人によって違いますが、人間関係のぶつかり合いから意外な問題が大きくなって、浮沈の分かれ目に立たされることがあります。

 それほどついてないわけでもないはずなのですが、行動・思考の選択ミスから、運命が違ってきます。

 

 今年の六白金星は、一番ついてない星になっています。

 思ってもいないような、驚くようなこともあり、守りに徹して、けっして無茶や新しいことはお勧めできません。

 お勧めは、旅行とか移転です。

 その場合、優しい方位を選ぶべきで、あまり強い良い方位だと、方位に負けて体がもちません。

 1年ぐらいで、流も変わります。少々きつくても辛抱です。

 

 今年の七赤金星は昨年に続いて、ついてない事になります。

 去年ほどは悪くはないのですが、運が落ち始めた場合は加速がついて悪くなる場合があります。

 特に若い人は、失恋から、自業自縛になったり、身の破滅というか、捨て鉢になって、悪い方向に行きやすいから注意してください。

 また、健康面でも注意の時期になっています。

 病気と失財にも注意してください。

 

 今年の八白土星は文字通り開運期になっています。

 いままで滞っていた問題が動いたり、変化します。

 必ずしも、有利に進展するとは限らず、ますます悪くなったり、損害が確定したりもしますが、進展はします。

 また、変化に伴い瑕疵が発覚したりします。

 でも、運気は確実に良くなりつつありますから、地盤をしっかりさせてください。

 

 今年の九紫火星は少し運が戻ってきたというぐらいで、それほど手放しで楽観するような感じではありません。

 しかし、着実に運は上がり始めていますから、まじめに働いてください。

 来年の運気を生かすため、多少損をしても、長い目で見て良い方に行くべきです。

 良い悪いはないのですが、ちょっとの事で目立ったり、話題になりがちです。

 







トップへ
トップへ
戻る
戻る



Copyright(C)2004-2017 SAC. All rights Reserved.